【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内

 夏のヤブ道を歩いた天狗山







  −岡山の登山記録−
広島山口の登山記録 日本百名山登山記録 写真エクセル記録 山道歩の登山記録
 

  岡山県の天狗山の案内地図


 ■天狗山の地図
 天狗山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
 天狗山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
天狗山

 

  天狗山の登山記録   H23.8.7の記録

 ■楽しい山ですが、草が多いと厳しいですね。瀬戸内海見えました。

 ∩01.【9:17】寒河(そうご)駅に到着。さっそく確認してて歩きましょう。
寒河(そうご)駅

 ∩02.駅から見る天狗山です。前山が見えています。 \(^_^)/
天狗山

 ∩03.【9:27】寒河八幡宮の参道です。登山口の案内がありました。o(^▽^)o
寒河八幡宮

 ∩04.【9:31】本殿に参拝して、この山道に入ります。 (・A・)
寒河八幡宮

 ∩05.しばらく木陰の樹林帯です。貯水タンクがありました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
樹林帯

 ∩06.【9:43】標高が上がり、背後に瀬戸内海が見えました。 ヾ( `▽)ゞ
瀬戸内海

 ∩07.大きな木が減って木陰がなくなりました。岩場です。 (・∀・)
岩場

 ∩08.スタートの寒河駅が見えました。 γ(▽´ )ツ
寒河駅

 ∩09.北西の方向です。下山時のルートがあります。 《C!西の景色》
北西

 ∩10.【9:52】四合目です。山頂まで1.2km。まだ道がよいです。
道

 ∩11.赤穂の方の海が見えてきました。  \(^_^)/
赤穂の方

 ∩12.シダに覆われた道がでてきました。蜘蛛の巣が多いです。 w(゚o゚)w
ヤブ

 ∩13.あそこだと思って頑張ります。でも違いました。草が少ないと助かります。
道

 ∩14.乾いてるから濡れませんが、夏場にヤブはよくありません。(´・_・`)
ヤブ

 ∩15.【10:27】前山の小天狗です。370m。\(^_^)/この先大丈夫かなぁ。
小天狗

 ∩16.。小天狗を下る時に天狗山の頭を眺めました。《C!大》  γ(▽´ )ツ
天狗山

 ∩17.とにかく登ります。草が無い岩場は助かります。 (・∀・)
岩場

 ∩18.標柱が見えました。あそこのようです。もう目の前ですよ。ヽ(゚◇゚ )ノ
天狗山山頂

 ∩19.【10:41-59】天狗山山頂。392m。 \(^▽^)/ 《C!三角点》
天狗山山頂

 ∩20.岩に立って眺めます。北の展望です。 ヾ( `▽)ゞ
北

 ∩21.北東の展望ですよ。  o(^▽^)o
北東

 ∩22.瀬戸内海です。小豆島や四国がぼんやり見えました。 γ(▽´ )ツ
瀬戸内海

 ∩23.瀬戸内海の島が見えます。  \(^_^)/
瀬戸内海

 ∩24.西側の展望岩です。ちょっと怖いけど上がれます。 w(゚o゚)w
展望岩

 ∩25.南の景色です。小天狗が見えますが、寒河の集落が見えません。
南

 ∩26.西の方向です。下山ルートが見えています。 ヾ( `▽)ゞ
西

 ∩27.西峰をズーム。道が見えました。  o(^▽^)o
西峰

 ∩28.【11:04】下って樹林帯の鞍部です。西峰に向かっています。(・∀・)
道

 ∩29.【11:10】東峰の南側を歩いています。 ヽ(゚◇゚ )ノ
東峰の南側

 ∩30.【11:15】ピークで少し休みます。また下って登ります。 (・∀・)
ピーク

 ∩31.白い砂地が見えています。 o(^▽^)o
砂地

 ∩32.【11:28】三ツ池の奥池が見えます。右に道があります。 ヾ( `▽)ゞ
奥池

 ∩33.【11:38】奥池まで下りました。左に曲がります。 ヽ(゚◇゚ )ノ
奥池

 ∩34.奥池を近くで眺めます。  \(^_^)/   《C!大》
奥池

 ∩35.中池を見ながら下ります。広い道は途中までです。 o(^▽^)o
道

 ∩36.広い岩場の道です。右に水が流れる音がしていました。 γ(▽´ )ツ
道

 ∩37.沢沿いの道です。左を歩きました。カエルがいます。 ヾ( `▽)ゞ
道

 ∩38.集落が見えます。まだ遠そうに見えるのですが、、、 (・∀・)
集落

 ∩39.【12:00】民家が見えました。服を着替えます。暑いです。o(^▽^)o
道

 ∩40.町中の車道歩きです。セミが鳴いています。ヾ( `▽)ゞ
道

 ∩41.【12:22】西願寺に参拝。 (・A・)
西願寺

 ∩42.【12:28】寒河駅に到着。12:48の電車を待ちました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
寒河駅

 ∩43.天狗山の小天狗を眺めます。暑い昼の景色になりました。\(^_^)/
小天狗



 

  天狗山の登山日記   H23.8.7の記録 

 暑い夏です。大阪に行ったので18キップを使って赤穂線経由 で帰ることにしました。朝の電車はまだ気持ちよくてうとうとし ています。赤穂駅で乗り換えて、9時半前に寒河駅に着きました。 「そうご」と読むから変わっていますね。

 標高392mの天狗山は気軽に登れると思っていました。瀬戸 内海が近いし、町があるから道がわかりやすいと思っていたので す。すでに前山の小天狗が見えています。日が当たって楽しそう な斜面でした。

 寒河八幡宮に参拝します。案内があったので、迷わずに山道に 入れました。まずは木陰の道です。標高がどんどん上がっていき ます。高い木が減ったので見通しがよくなりました。

 振り返ると瀬戸内海が見えます。うれしいですね。南に屋久居 島が見えます。島と言えば島山に登りたいです。ふもとには家の 屋根がたくさん見えているから、寒河の町も人が多そうです。

 緑がきれいです。岩道になりました。歩くのが楽しいです。 寒河駅が見えました。まわりは緑の田んぼです。北西に続いてい る車道沿いにも家や田畑があります。下山はあのあたりの道を歩 くのでしょうね。

 まだ30分しかたっていませんが、4合目と書かれた表示板が ありました。この分だと早く登頂できそうです。赤穂の方の海も 見えてきました。うれしいです。

 えぇーーー。シダに覆われた道がでてきました。道はわかるの ですが、かき分けて歩くようになります。イバラもあります。

 蜘蛛の巣が多いので困ったものです。夏場は虫がいるから避け たいヤブです。長く続かないで欲しいのですが期待が外れました。

 草が多いと不安になります。濡れていないからまだいいのです が、何回か蜘蛛の巣にひっかかっています。草をかき分ける音を 立てて歩きました。進むのをやめようかと悩みます。

 10時半に前山の小天狗に到着です。標高は370mだから天 狗山山頂とあまり変わりません。表示札があったから間違えてい ません。

 展望がないのでそのまま通過します。いったん下りますが、木 が低いところで天狗山の頭が見えました。近いけど山道が隠れて いる感じです。

 汗をかきながら登ります。岩があるところは歩きやすかったで す。ピークに近づくと標柱が見えました。小天狗から約10分で 山頂に着きました。岩があるから休憩するにもよかったです。

 岩の上に立って景色を眺めます。北の方には山々が連なってい ます。JRの山陽本線があの山のふもとを走っていることでしょ う。めだつ山がなくて全体的になだらかでした。

 南の方には瀬戸内海が見えます。小豆島や四国がぼんやり見え ました。はっきり見える日だとよい写真が撮れそうです。ズーム して島を眺めたりしました。

 少し西側の展望のある岩にも立ってみました。小天狗が見えま す。寒河駅周辺の町は山頂から見えませんでした。西の方には白 い砂地のある山が見えます。これから向かう西峰です。山道がわ かるとこがありました。

 下って鞍部からまた登ります。東峰の南側を歩いてまた登りま す。そしてまた下ります。西峰に近づいています。また展望のよ い道になりました。

 三ツ池の奥池がきれいに見えています。これから堰があるとこ ろに下りていきます。こちらのルートは草が少なくて歩きやすか ったです。

 奥池を近くで眺めます。たくさんの水がたまっていました。 水面が静かです。山道はどこでしょうか。しばらく広い道を歩き ます。中池が下に見えていました。

 やがて車が入れない道になります。岩肌がななめになっている ところを歩きます。水が流れている音が心地よいです。今日は暑 いからたくさんの水を飲んでいました。川幅が狭いところがあり ます。靴が濡れないように端っこを歩きました。

 集落が見えます。山道がよくなりました。セミが鳴いています。 夏ですね。そしてとうとう家が見えるところまで下りてきました。 あとは車道歩きだから安心です。服の葉っぱを払い落としました。

 電車の時間まで時間があるから余裕です。自販機で冷たいジュ ースを買って飲みました。生き返ります。西願寺に参拝しました。 寒河駅に12時半に着き、20分ほどのんびり電車を待ちました。

 時間があるといろいろできます。公園の水道で顔を洗って、濡 らしたタオルで汗を拭きました。シャツも新しいのに着替えます。

 これで気持ちよく電車に乗れます。日ざしが強くなったお昼で す。天狗山の小天狗が朝よりもきれいに見えていました。

by ホームページ制作
Copyright © 2012 広島山口近辺の花を見て歩く登山記録 All rights reserved.



















































出会い系入門