【広告】 埃をまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒埃取タオル
  【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内


 船からの景色と阿多田島の高山






 −広島の登山記録− .
さくらの亀居城 広島山口の登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録


   約18.5分
 

  広島県の阿多田島の高山の案内地図

 ■阿多田島の高山の地図
 阿多田島の高山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
 阿多田島の高山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
阿多田島の高山

 

  阿多田島の高山の登山記録   H28.4.5

 ■サクラの季節の楽しみです。阿多田島で山道を探して登頂できました。
   初めての航路。島や山を眺めて記録しています。

    阿多田島のあとで亀居城のさくら見物 ⇒  亀居城のHP
    近くの傘山の記録    ⇒  傘山のHP(23.4.14)
    近くの行者山と玖波槍    ⇒  行者山と玖波槍のHP(28.6.26)
    小方行者山と大鉢山の記録 ⇒  小方行者山と大鉢山のHP(28.10.30)
    笛吹山と米小屋山の記録 ⇒  笛吹山と米小屋山のHP(28.10.30)
    近くの経小屋山の記録  ⇒  経小屋山のHP(25.10.14)
    近くの忠四朗山の記録  ⇒  忠四朗山のHP(25.2.17)

 高01.【8:40】玖波駅到着。行者山を眺めて小方港へ。   \(^_^)/
玖波駅

 高02.大竹ICに近づいています。右前方に亀居公園が見えます。 o(^▽^)o
大竹IC

 高03.【9:00】海岸近くの道から小方港に向かいます。   (・∀・)
道

 高04.亀居公園の桜が見えます。お城の石垣はどこかで見えるかな?
亀居公園

 高05.【9:08】小方港到着。9:30までぶらぶらします。  ヾ( `▽)ゞ
小方港

 高06.経小屋山が見えます。   \(^_^)/   《C!大》
経小屋山

 高07.御園台の向こうに山が見えます。登れるのかな?   γ(▽´ )ツ
山

 高08.あっ、ここから亀居城の石垣が見えるんだぁ。   o(^▽^)o
亀居城

 高09.【9:30】出港。亀居城後方に300m峰。その左に347m峰。《C!大》
亀居城

 高10.大竹のを見ながら阿多田島に向かいます。  γ(▽´ )ツ 《C!大》
亀居城

 高11.日が当たる北西の景色がきれいです。亀居城や行者山。 《C!大》
亀居城

 高12.【9:36】行者山をズーム。玖波駅の方です。  o(^▽^)o 《C!大》
行者山

 高13.廿日市の方をズームして眺めます。  ヾ( `▽)ゞ  《C!大》
廿日市

 高14.阿多田島が見えます。海がきらめいています。後は大黒神島。《C!大》 
阿多田島

 高15.港から離れて山の景色が広がります。 γ(▽´ )ツ  《C!大》
山

 高16.【9:41】岩国の方向。海岸に工場がたくさんあります。   (・∀・)
岩国の方

 高17.岩国の銭壺山、米山、大応山などを探して眺めます。  《C!大》
    周防大島は雲がかかっていたから帰路に撮影。
岩国の方

 高18.宮島の岩船岳。船だと南から眺められますね。 o(^▽^)o 《C!大》
岩船岳

 高19.北東の広島市の方。大奈佐美島や似島。奥に呉娑々宇山。 《C!大》
大奈佐美島

 高20.【9:52】宮島の弥山の方も見えました。 \(^_^)/  《C!大》
弥山

 高21.【9:56】阿多田島の高山が見えます。  ヾ( `▽)ゞ 《C!大》
     今回桜の花の左の車道ピークから山道に入っています。
阿多田島の高山

 高22.【9:59】阿多田島の港が見えます。ゆっくり入港します。 《C!大》
阿多田島

 高23.【10:01】日が当たる高山がきれいです。  \(^_^)/  《C!大》
    写真左の畑地で最初道探し。不明瞭なので体育館の右に進んで
    登山口を見つけます。下山時に棚田跡を下ると左の畑地にでました。
高山

 高24.【10:03】阿多田島に上陸。スタート。  ヽ(゚◇゚ )ノ   《C!絵図》
阿多田島

 高25.【10:11】狭い路地を迷いながら目印のお寺に到着。   (・A・)
阿多田島

 高26.石垣のある温かい景色です。    ヾ( `▽)ゞ
石垣

 高27.船から見えていた畑地です。矢印の山道に入りました。
畑地

 高28.畑地から海がよく見えます。港も見えます。  \(^_^)/
海

 高29.宮島の弥山が見えます。右奥に呉娑々宇山。 o(^▽^)o 《C!大》
弥山

 高30.弥山をズーム。山頂の岩や弥山本堂が見えます。  γ(▽´ )ツ
弥山

 高31.廿日市の海岸をズーム。自衛艦が走行中。 ヾ( `▽)ゞ 《C!大》
廿日市

 高32.はっきりわかる山道に進入。右に堰が見える谷間です。  (・∀・)
   棚田の石垣が見える竹林。わかりにくそうなので左の斜面登ります。
道

 高33.【10:33】尾根で荒れた山道と合流。登ってみたけど草やぶ。(´・_・`)
    地図の点線の道のはずですがシダが多くてこちらからは断念。
道

 高34.【10:47】学校の西側に向かいます。サクラがあります。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 高35.ソメイヨシノを楽しみながらゆるやかな車道を歩きます。 o(^▽^)o
道

 高36.【10:54】車道ピークの貯水槽横を少し下ったら登山口がありました。
道

 高37.電柱沿いの山道です。シダが多いとこありますが楽に通れました。
道

 高38.山上が見えます。ツツジが少し咲いていました。  γ(▽´ )ツ
道

 高39.【11:04】電波塔です。左に山道と電柱が続きます。  ヾ( `▽)ゞ
電波塔

 高40.急坂を登ると西能美島が見えました。左が野登呂山です。  《C!大》
    山頂の少し下です。山の上はここでしか展望がありませんでした。
西能美島

 高41.電柱が山頂まで続いています。右にも道《C!》が見えてきます。
道

 高42.【11:12】高山山頂。標高204m。 \(^▽^)/  展望なし。
高山山頂

 高43.とりあえず山頂で空を眺めます。    o(^▽^)o そして移動。
高山山頂

 高44.杭のあるきれいな山道を進みます。反対の車道に下りられるのかな?
道

 高45.スミレがたくさん咲いている季節です。   γ(▽´ )ツ
スミレ

 高46.【11:20-30】ここで悩みます。行ったり来たり。左に下って谷へ。
道

 高47.沢沿いに下ります。うすい踏み跡。失敗かな?   (´・_・`)
道

 高48.竹林。民家が近いのでは。。。もしやと思ったら堰がありました。
道

 高49.石垣やため池があります。棚田跡です。沢沿いに下ります。 (・∀・)
道

 高50.【11:50】次の堰の手前で右の斜面に上がると、高32の道に出ました。
道

 高51.【11:59】港を見ながら下ります。12時半の便です。  o(^▽^)o
港

 高52.【12:03】港近くの阿多田島神社にお参り。  (・A・)  《C!社》
阿多田島神社

 高53.猪子島(82m)への橋を歩いてみます。   \(^_^)/
猪子島

 高54.高山を眺めます。      γ(▽´ )ツ   《C!大》
高山

 高55.堤防から大黒神島を眺めます。右奥は倉橋島の岳浦山。 《C!大》
大黒神島

 高56.自衛艦が航行しています。   ヾ( `▽)ゞ
自衛艦

 高57.【12:30】阿多田島から出港。観音堂の山にも登って見たいです。
阿多田島

 高58.南の方に周防大島。左から源明山、嘉納山、文珠山。  《C!大》
周防大島

 高59.火力発電所が見えます。その近くが米山。右に大応山。 《C!大》
    左の山は銭壺山や大将軍山。米山の奥が高照寺山のようです。
火力発電所

 高60.航跡を残して阿多田島から遠ざかっていきます。(・∀・) 《C!大》
阿多田島



    このあと亀居城のさくらを見に行きます ⇒  亀居城のHP


 ◆太田川大橋からズームして眺めた阿多田島。  \(^_^)/  《C!大》
阿多田島

 ◆大鉢山から眺めた阿多田島。(28.10.30)     o(^▽^)o
阿多田島



 

     阿多田島の高山の登山日記   H28.4.5 

 桜の季節です。温かいからすぐに満開になりました。散る前に 見たいですね。大竹の亀居公園に行く計画を立てていました。 晴れたので阿多田島にも行くことにします。船旅が楽しみです。

 亀居公園や小方港は、玖波駅と大竹駅のどちらが近いか悩みま す。どっちかに近かったら便利なのになぁ。広島市からだと玖波 駅が安いのでこちらにします。

 駅を降りて行者山を眺めます。晴れてきれいな空です。道沿い の桜を眺めながら歩きます。亀居公園の桜のピンク色も広い範囲 で見えています。先に阿多田島に行きます。

 小方港で少し待ちます。ネットに載っていた猫がいるはずです が不在でした。9時半のフェリーに乗ります。ずっと外を眺める ことにします。港から離れると海岸沿いの山が広く見えました。 経小屋山や忠四朗山などが見えています。

 大竹と岩国の工場地帯を南に眺めて進みます。煙を出している 煙突がたくさんあります。宮島の南側を東へと進みます。岩船岳 が見えます。

 時間が経つと弥山が見えてきます。ズームしたら山頂の岩が見 えました。大奈佐美島の向こうには似島や呉娑々宇山が見えます。 宮島の東側には西能美島があります。

 岩国の方には大応山や米山が見えています。周防大島の頭に雲 がかかっているのが残念。この航路は初めてですが、初めて見る 景色が楽しめました。阿多田島に近づきます。高山です。

 10時に港に着きました。あわてずに下ります。港からも高山 がよく見えます。近くにお店がないようです。案内板がないか探 しながら歩きました。観音堂の山の張り紙がありました。今回は 一番高いところが優先です。

 港町だけあって路地が狭いです。まずは目印になるお寺に向か います。間違って右往左往しましたが、お寺から上の畑地に上が ることができました。ここから港がよく見えます。フェリーが止 まっています。宮島も大きく見えました。

 古くなっていますが貯水タンクがあります。地図の山道とはち ょっとずれますが、谷間の山道に入ります。堰があります。はっ きりした道だったのですが、竹林になって荒れてきました。

 谷には棚田跡。あそこに道がありそうだけど、地図の道は尾根 だから尾根に上がります。下山の時にこの谷を下ってくるとは思 いませんでした。

 うすい踏み跡をたどって尾根に出ると道に合流。こちらの道は かなり荒れてササが茂っています。進めるから上に行きましたが、 シダが増えたところでやめました。島の滞在時間を考えてきれい なルートを探します。戻って西の学校の方に向かいます。

 島を一周できる車道。学校の前にサクラが咲いています。さら に道を上がっていくと、フェリーから見えていたソメイヨシノが 満開です。こんなところに植えたんですね。海を意識したみたい。

 やがて車道ピーク。きれいな貯水施設がありました。ここから すぐ下に高山の登山口発見。案内板があります。安心して入りま した。少し草木で狭いとこもありますが、電柱沿いで管理された 道です。ツツジが少し咲いていました。

 展望が得られないまま急坂を登っていきます。高山の山頂が見 えました。右下に電波塔があります。温かいから小さな虫が飛ん でいます。吸い込まないようにしなくては、、、 呼吸が荒くなっていました。

 電波塔の先はさらに道が細くなり急です。でも山頂まで電柱が 続いています。山頂手前で西能美島がよく見えました。ここで見 ないとあと展望ありません。宮島は木が邪魔しています。

 道がなだらかになってピークを通り過ぎました。少し戻ったら 三角点がありました。204mの高山山頂です。特になにかある わけではありません。道がいいから先に進むことにします。

 今度は急な坂を下ることになります。スミレが咲いていて楽し いです。テンポよかったのですが、道がなくなりました。土砂崩 れで隠れたかな?

 しばらく右往左往して散策。道があるはずなんですが、、、 谷に下りると水が流れています。沢沿いに下ることにしました。 うすい踏跡があるのですが、そんなに人は入っていないようです。

 やがて竹林。ふもとが近そうで安心します。水が流れていきま す。下ると堰があるのでは、、、ありました。1つ目を過ぎると、 池と石垣がありました。田んぼの跡です。石垣を見ながら下ると 2つ目の堰が、、、最初に道を探したところにでました。

 畑にでて港を見ながら下ります。12時です。あと30分。 阿多田島神社にお参りします。そして海岸から景色を眺めます。 猪子島や大黒神島が見えます。

 黒い煙をたくさん出しているものがあります。よく見ると自衛 隊の船です。かなり煙を出すんですね。火災でも起きたのかと思 いました。この日けっこう自衛艦を見ました。

 12時半に島を出ます。来た時よりも曇ってきました。今度来 た時は観音堂に行ってみようと思います。島の海岸も楽しそうで す。帰りは周防大島の稜線が見えていました。このあと小方港か ら亀居公園に行きます。


Copyright © 2012 広島山口近辺の花を見て歩く登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作



















































出会い系入門