【広告】 埃をまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒埃取タオル
  【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内

 −広島− .




 可部線延伸、可部駅-あき亀山駅(初日)





現在のサイト 広島山口の登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録


   約6分
 

  広島県の可部駅からあき亀山の案内地図

 ■可部駅からあき亀山駅の地図
 【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   近辺にある山:螺山 高松山 阿武山 水越山 福王寺山

     あき亀山駅は左の方、可部駅は右下の方です。
 【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)

 

  可部線延伸、可部駅-あき亀山駅の記録   H29.3.4

 ■あき亀山は山ではありません。可部線終点の駅名です。

    晴天の日の草津港からの景色 ⇒  草津港周辺景色のHP


 ν01.【11:09】可部駅到着。駅構内もかなり変わっています。    w(゚o゚)w

 ν02.千代の松を見てから線路の北側にでて昼食をします。     o(^▽^)o

 ν03.【12:33】食後に線路近くの梅を眺めて電車を待っています。  \(^_^)/

 ν04.赤い梅の花。青空がきれい。早く電車を撮影したいです。  ヾ( `▽)ゞ

 ν05.河戸帆待川駅から電車がきました。広島行です。   γ(▽´ )ツ

 ν06.可部駅から、あき亀山行電車がきました。    ヾ( `▽)ゞ

 ν07.【13:04】河戸帆待川駅前を通過。初日だけあって人が多いです。

 ν08.【13:06】まだ新しい踏切。あき亀山駅方向です。電車を待ちます。

 ν09.広島行電車が河戸帆待川駅から発車しました。遠のいていきます。

 ν10.【13:11】あき亀山駅行電車が河戸帆待川駅に停車しました。
河戸帆待川駅

 ν11.【13:20】また新しい踏切を横断して北側に移動します。  o(^▽^)o

 ν12.踏切のそばからあき亀山駅が見えています。1駅間は長くありません。

 ν13.鉄橋があります。電車が通るところを見たくなりますね。 ヾ( `▽)ゞ

 ν14.可部線延伸区間オープンイベントをしていました。   \(^_^)/

 ν15.ミニSLが走っています。     o(^▽^)o

 ν16.【13:40】あき亀山駅。まだまわりにお店がありません。  γ(▽´ )ツ

 ν17.茶臼山と螺山が見えています。駅から歩けます。   \(^_^)/

 ν18.山頂は見えませんが阿武山の方です。橋ができたらいいなぁ。

 ν19.可部駅の方です。梅の木がたくさんあります。  o(^▽^)o  《C!大》

 ν20.停車している電車に乗って移動します。    γ(▽´ )ツ

 ν21.鉄橋(ν13)を通過します。     \(^_^)/

 ν22.梅を眺めたところ(ν03)を通って可部駅に到着。そのまま帰りました。



 

   可部線延伸、可部駅-あき亀山駅の日記   H29.3.4

 可部から三段峡が廃線になり今はバスが運行しています。可部や亀山の町が大きくなっていますが、可部駅が終点だと不便に感じていました。約1.6kmの区間を延伸すると聞いて楽しみにしていました。

 いよいよ本日復活です。新駅として河戸帆待川駅とあき亀山駅ができていました。横川駅から電車に乗っていきましたが、可部行だったのが、あき亀山行になっていました。わくわくします。

 別の用事があったから可部駅で下ります。可部駅も変わっています。ホームを移動するのに陸橋が必要になっていました。以前歩いていた道は封鎖されて電車が通るようになっていました。

 国道54号線を歩いて新しい線路の北側にでます。ちょうどお昼なので食事にします。そのあと線路に近づいて電車を見ることにしました。梅が咲いている季節です。においがただよっていました。

 しばらく梅の花を撮影。なかなか踏切の音がしません。踏切は新しく設置されてきれいです。線路沿いに網が張られています。以前は人が行き来していた廃線跡です。そろそろ時間です。

 まず最初に河戸帆待川駅から電車がきました。ゆっくり走行しています。区間が短いからスピードを上げないようです。次に可部駅からやってきました。電車の車体が大きく感じます。敷石がまだ白っぽくて明るい線路です。

 河戸帆待川駅に向かって移動します。見物している人がたくさんいました。ここにも駅ができるとは思っていませんでした。その先の踏切でまた電車を眺めました。ゆっくり歩いています。

 続けてあき亀山駅に向かいます。また踏切を渡って線路の北側にでます。駅に近づくにつれて人が多くなってきました。お祝いのイベントをしています。バザーをしたり、ミニSLが走ったりしていました。

 新駅のあき亀山駅周辺にはお店がありません。広い梅園があり、阿武山や茶臼山が見えています。鉄道ファンが電車や駅をじっくり眺めていました。これから私もここに来ることがでてきそうです。電車に乗って帰りました。


Copyright © 2012 広島山口近辺の花を見て歩く登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作



















































出会い系入門