【広告】 埃をまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒埃取タオル
  【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内

 ササ原の山上を歩いた十方山


 
 
 
 −広島の登山記録− .
現在のサイト 広島山口登山記録 百名山登山記録 写真エクセル記録 山道歩の登山記録


   約23分
 

  広島県の十方山案内地図

 ■十方山の地図
 十方山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   近辺にある山:恐羅漢山 旧羅漢山

大きな地図で見る

 十方山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
十方山

十方山

 

  十方山の登山記録   H23.10.16

 ■山上で恐羅漢山が見えるとこを探しました。

 +01.【7:57】吉和から立岩登山口目指しています。県道が狭くなりました。
吉和

 +02.【8:06-16】登山口到着。日が当たっています。準備してスタート。《C!》
登山口

 +03.【8:27】樹林帯のうす暗い道を歩いています。 ヾ( `▽)ゞ
道

 +04.【8:36】左の瀬戸の滝への道は下山時に下ります。 γ(▽´ )ツ
道

 +05.命の泉ノ滝です。2日前にかなり雨が降っていました。 o(^▽^)o
命の泉ノ滝

 +06.【8:52】木の色がきれいで疲れを癒してくれます。 \(^_^)/
道

 +07.右前方に十方山山頂が見える場所がありました。  ヾ( `▽)ゞ
十方山

 +08.【9:06】五合目です。左上は遭難碑があります。 (・A・)
五合目

 +09.【9:24】木の白色が明るいです。2匹目のヘビを見ました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 +10.【9:34】まだ急な坂があります。立派な木が多いです。  \(^_^)/
道

 +11.樹林帯からでました。なだらかな十方山の道を歩きます。 γ(▽´ )ツ
十方山

 +12.遭難の碑を通過します。展望石も通過しました。東の展望がよい。《C!》
遭難の碑

 +13.秋の植物を探して歩いています。 o(^▽^)o
植物

 +14.山道を楽しく歩いています。 ヾ( `▽)ゞ
山道

 +15.【9:53】十方山山頂1319m。\(^▽^)/10人休憩中でした。《C!》
十方山山頂

 +16.東の景色です。白くかすんでいますね。  ヾ( `▽)ゞ
東

 +17.南西のササ原の向こう景色です。吉和の冠山ですよ。  o(^▽^)o
南西

 +18.冠山をズームしてみました。 γ(▽´ )ツ
冠山

 +19.南東の方に集落が見えます。写真の右の山が女鹿平山1083mです。
南東

 +20.カワラナデシコの花を見つけました。まだ咲いていました。 ヾ( `▽)ゞ
カワラナデシコ

 +21.北の方向にここより高い地点があります。展望妨げられました。
北

 +22.【10:28】下山開始。持って行った氷水がまだ冷たかったです。ヽ(゚◇゚ )ノ
下山開始

 +23.展望岩から旧羅漢山と恐羅漢山(1346m)を眺めました。 \(^▽^)/
旧羅漢山と恐羅漢山

 +24.恐羅漢山とスキー場をズームしてみました。 o(^▽^)o
恐羅漢山

 +25.冠山を見ながら歩きました。まだ早い時間です。 ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 +26.【11:01】五合目の三ツ倉です。左上に上がってみました。(・A・)
五合目

 +27.【11:24】分岐を瀬戸の滝へと下りました。 γ(▽´ )ツ
分岐

 +28.上から眺める瀬戸の滝です。二段ありました。  ヾ( `▽)ゞ
瀬戸の滝

 +29.【11:35】滝道展望所に下りて眺めました。水しぶきが冷たいです。《C!》
瀬戸の滝

 +30.整備された滝道を登山口まで800m歩きます。  o(^▽^)o
滝道

 +31.この辺りは紅葉にはまだ早かったです。  ヾ( `▽)ゞ
滝道

 +32.【11:53】登山口に下山しました。車が増えていました。 《C!ヘビ》
登山口



 

  十方山の登山日記   H23.10.16 

 広島の山をどんどん登っていました。立岩からのコースは長いので、昼が長い内に登っておきたいと思っていました。10月になりましたが、やっと機会が訪れます。朝早く出かけました。

 車道は狭かったですが、離合することもなく、無事駐車場に着きました。すでに5台くらいいました。日が当たっています。私もすぐに準備してスタートしました。氷水を持っています。

 樹林帯の道を歩きます。滝が近くにありますが、下山時に見ることにします。命の水の滝からしばらく沢沿いです。栗が落ちていました。まだ落ち葉が少ないです。頑張って登ります。

 五合目の案内板がありました。近くに遠くが見えるところがあります。十方山はなだらかで、山頂がわかりにくいです。少し下ってまた登ります。太い木があるとうれしいです。道が美しく見えました。

 標高が上がって、樹林帯から抜けます。東の展望がよいです。遭難の碑を通過しました。ササが茂っていますが、山道はきれいです。そして広いです。山上をなだらかに歩きました。人の声に近づいています。

 10時前に十方山山頂に着きました。ガイドの時間よりかなり早いです。ゆとりができました。さっそく山頂で休憩します。水も飲みます。そして景色を楽しみました。

 北東、東、南東、南、南西、西と景色が広がっています。特に南方に見える西中国山地の山々がきれいです。北斜面が見えていますが、吉和冠山などがあります。北は木が高くて見えません。だから十二方ではないんですね。

 カワラナデシコの花が咲いていました。まだ頑張っていたようです。そのほかの植物は実になっていました。下山しながら展望場を探します。気になっていた岩に立ちました。やったー。恐羅漢山が見えました。やはりうれしいですね。

 その後はどんどん下ります。五合目で気になっていた上への道を上がってみました。ここにも遭難の碑がありました。事故がないようにお祈りします。さらに下って、分岐から瀬戸の滝に向かいました。

 道の途中からすぐに見えました。滝道へと下ります。下から眺めると音がよく聞こえ、水しぶきが当たります。涼しい景色です。滝だけを見に来られる方も多いようです。道がよかったです。

 その後、登山口に戻りました。車が増えています。山に入っているんですね。まだ早い時間ですが、吉和インター近くの小室井山に登りに行きました。ヤマボウシの実が赤くなっていました。ヘビがいたのにはびっくりです。


Copyright © 2012 広島山口近辺の花を見て歩く登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作



















































出会い系入門