【広告】 埃をまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒埃取タオル
  【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内

 夏の夕刻に登った寒曳山





 −広島の登山記録− .
寒曳山HP(29.5) 日本百名山登山記録 写真エクセル記録 山道歩の登山記録
 

  広島県の寒曳山案内地図

 ■寒曳山の地図
 寒曳山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   近辺にある山: 阿佐山 毛無山 犬伏山

大きな地図で見る

 寒曳山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
寒曳山

 

  寒曳山の登山記録   H22.8.12

 ■ゆとりの森から登れなかったのは残念です。

    後年に登った寒曳山 ⇒  寒曳山のHP(22.8.12)

 ∽01.【15:30】ゆとりの森からの道を探したけど不明。変更します。
ゆとりの森

 ∽02.高速の寒曳山PA近くから登山口に向かいます。 ヽ(゚◇゚ )ノ
寒曳山PA近く

 ∽03.【15:51】山荘口から登り始めました。蜘蛛の巣にひっかかります。
山道

 ∽04.【16:03】仙人岩《C!》近くの水場です。 γ(▽´ )ツ
水場

 ∽05.【16:10】樹林帯の山道。頂上へ800mの表示がありました。
山道

 ∽06.【16:16】頂上まで250mの標識です。  ヾ( `▽)ゞ
山道

 ∽07.花が咲いていました。  o(^▽^)o
花

 ∽08.キノコがありました。 (・∀・)
キノコ

 ∽09.伸びたササが行く手を阻みます。 (´・_・`)
ササ

 ∽10.空が広がって明るくなってきました。  ヾ( `▽)ゞ
空

 ∽11.【16:34】寒曳山山頂 826m。 \(^▽^)/ 展望ありますよ。
寒曳山山頂

 ∽12.龍頭山 928mが見えますよ。  o(^▽^)o
龍頭山

 ∽13.北の方向。とがった山の右の方に、うっすらと三瓶山が見えます。
北

 ∽14.北斜面の寒曳山スキー場です。 γ(▽´ )ツ(山頂にある計測器)
寒曳山スキー場

 ∽15.空を眺めました。もっと展望ないかなぁ。 ヾ( `▽)ゞ
空

 ∽16.【16:45】夕暮れ間近の山頂です。下山開始します。 (・∀・)
寒曳山山頂

 ∽17.【16:50】分岐から天狗岩に立ち寄ります。展望ありますよ。
天狗岩

 ∽18.まずは天狗岩の上から寒曳山山頂を眺めました。 o(^▽^)o
寒曳山山頂

 ∽19.東には寒曳山の影ができています。  \(^_^)/ 《C!天狗岩の上》
寒曳山の影

 ∽20.東南の方向の景色です。西日が当たって明るいです。 o(^▽^)o
東南

 ∽21.南の方向。大朝の町が広がっています。 γ(▽´ )ツ
大朝の町

 ∽22.【17:12】どんどん下って、水場を通過します。 (・∀・)
水場

 ∽23.【17:21】登山口に下山しました。車道です。 \(^_^)/
登山口



 

     寒曳山の登山記録   H22.8.12 

 8月です。暑いから、ちょっとだけ登山しに行きました。距離が短いところがいいです。高速浜田自動車道からきれいに見える寒曳山にしました。北斜面にはスキー場があります。島根県近くの山です。

 東のゆとりの森から登ろうとして、ログハウスのある道を歩きました。山道の入口がわかりません。あわてて登山口変更です。寒曳山PAの下の道を通って、南側から登ることにしました。コートがある近くから歩きます。すぐに車道終点になりました。

 樹林帯の道です。うす暗いです。蜘蛛の巣によくひっかかります。倒木もいくつかありました。仙人岩のところに水場がありました。大朝はおいしい水が多いところです。どんどん登っていきますが、山道はスキー場に向かっているようです。分岐で山頂に向かいました。

 ササが成長しています。体で押し分けて登るところがありました。虫の多い夏は避けたいヤブです。あとで服をはらっておきます。天狗岩は後にして、先に山頂に向かいます。空が開けて、少し広い山頂に到着しました。誰もいません。

 木が育って展望が狭くなっています。山の名前を記した看板がサビていました。龍頭山や三瓶山を眺めます。北斜面は草地で、スキーのゲレンデでした。こちらを登るのも楽しそうです。白い雲の形がきれいでした。

 下山の途中に天狗岩に寄ります。すぐです。この岩の上から東、南、西の展望を眺めます。西は太陽でまぶしいです。阿佐山や毛無山がある方向です。大朝の町が南に見えます。町から山がきれいにみえるはずです。寒曳山山頂を振り返ることもできました。

 その後、同じ道を下ります。もう蜘蛛の巣はありません。夏だからまだ日暮れにはなりませんが、山道はうす暗かったです。駐車場に戻って帰りました。朝方の西の景色を見てみたくなりました。


Copyright © 2012 広島山口近辺の花を見て歩く登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作



















































出会い系入門