【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内


  2月の夕日を眺めた 黄金山







 −広島の登山記録− .
黄金山HP(24.4)桜 広島山口の登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録


   約9分 下に夕日の動画掲載
 

  広島県の黄金山の案内地図

 ■黄金山の地図
 黄金山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
 黄金山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
黄金山

 

  黄金山の登山記録   H27.2.20

 ■午後から青空が広がったので夕刻に急いで行きました。

    前に登った桜の黄金山 ⇒  黄金山(24.4.12)のHP
    年末大晦日の黄金山  ⇒  黄金山(28.12.31)のHP
    後年登った黄金山 ⇒  黄金山のHP(29.4.23) 午前
    金輪島から黄金山を眺めた記録 ⇒ 金輪島散策(26.12.23)


 ¶01.【16:37】東霞町から黄金山に登っています。急げ! ヾ( `▽)ゞ
東霞町

 ¶02.【16:43】見えました。山頂への道を上ります。《C!大》 \(^_^)/
黄金山

 ¶03.展望がよくなって高尾山や呉娑々宇山が大きく見えます。 《C!大》
呉娑々宇山

 ¶04.北の空が青いです。牛田山、尾長山、松笠山、二ケ城山など。《C!大》
松笠山

 ¶05.広島高速の向こうに二ケ城山。広島東インターの方向。《C!大》
二ケ城山

 ¶06.新幹線の向こうに松笠山。矢賀駅の方向。 γ(▽´ )ツ  《C!大》
松笠山

 ¶07.尾長山(手前)、牛田山、阿武山(奥)。 ヾ( `▽)ゞ 《C!大》
尾長山

 ¶08.尾長山の左に双葉山が見えます。 \(^_^)/ 《C!大》
双葉山

 ¶09.高尾山をズーム。展望岩をこちらから眺めます。γ(▽´ )ツ 《C!大》
高尾山

 ¶10.車道を歩いています。学生さんが部活で走っていました。 (・∀・)
道

 ¶11.東斜面にまわります。こちらは山影の時間です。 γ(▽´ )ツ
道

 ¶12.海が見えました。うすく倉橋島。音戸大橋見えないかなぁ。ヾ( `▽)ゞ
海

 ¶13.南側の道です。夕刻色の光です。 《C!太陽の景色》 o(^▽^)o
道

 ¶14.金輪島が大きく見えます。江田島、峠島、西能美島。 《C!大》
金輪島

 ¶15.似島や宇品島が見えます。広島港は写真よりも右。 《C!大》
宇品島

 ¶16.電波塔が見えました。すぐそこが駐車場《C!》です。 ヽ(゚◇゚ )ノ
黄金山

 ¶17.【17:10】黄金山山頂222mの展望場《C!》に上がります。 \(^_^)/
黄金山

 ¶18.まずは南東の海田大橋と絵下山(568m)を眺めます。  ヾ( `▽)ゞ
     海田湾です。絵下頭は593m。左の奥に野呂山。 《C!大》
絵下山

 ¶19.遠くの野呂山を望みます。膳棚山は839m。 《C!ズーム》 o(^▽^)o
野呂山

 ¶20.南の二の丸跡です。金輪島が隠れて見えません。 γ(▽´ )ツ 《C!大》
二の丸跡

 ¶21.江田島左奥の倉橋島。 《C!大》  \(^_^)/
倉橋島

 ¶22.南西の瀬戸内海。太陽が沈む方向。宮島(弥山530m)。 《C!大》
宮島

 ¶23.似島(安芸小富士278m)と宇品島。広島港は宇品島の右。 《C!大》
似島

 ¶24.西。広島市街の向こうに鈴ヶ峰や窓ヶ山、東郷山など。 《C!大》
鈴ヶ峰や窓ヶ山

 ¶25.北西。比治山が見えます。大茶臼山や丸山、宗箇山など。 《C!大》
比治山

 ¶26.北。火山や武田山が見えます。広島駅の方向です。o(^▽^)o 《C!大》
火山や武田山

 ¶27.【17:17】一度展望台から電波塔北側に回り込みます。 ヽ(゚◇゚ )ノ
電波塔北側

 ¶28.東。海田町です。鉾取山、原山、洞所山、城山、金ケ燈篭山。《C!大》
    こちらからは電波塔で絵下山や似島は見えません。 ヾ( `▽)ゞ
海田町

 ¶29.海田市駅から歩いて登れる日浦山(346m)。 γ(▽´ )ツ  《C!大》
日浦山

 ¶30.海田の町をズーム。海田市駅は左の方です。 (・∀・) 《C!大》
海田

 ¶31.鉾取山712mや原山672m《C!》をズーム。水丸山は鉾取山の向こう。
原山

 ¶32.北から北東。牛田山、松笠山、呉娑々宇山。青空の夕刻。 《C!大》
松笠山

 ¶33.呉娑々宇山の山頂をズーム。電波塔あります。《C!山全体》 o(^▽^)o
呉娑々宇山

 ¶34.高尾山をズーム。《C!ふもとと山全体》  γ(▽´ )ツ
高尾山

 ¶35.二ケ城山(左)と白木山。日が弱くなっています。 ヾ( `▽)ゞ 《C!大》
二ケ城山

 ¶36.白木山をズーム。山頂の鉄塔を確認します。 w(゚o゚)w 《C!大》
白木山

 ¶37.夕日に照らされた松笠山です。右奥が二ケ城山。 《C!大》 o(^▽^)o
松笠山

 ¶38.猿猴川の向こうに新幹線、尾長山、牛田山が見えます。 《C!大》
尾長山

 ¶39.仏舎利塔が目印の双葉山。左奥に武田山。 \(^_^)/ 《C!大》
双葉山

 ¶40.牛田山の奥に見える阿武山をズームして眺めます。 o(^▽^)o
阿武山

 ¶41.【17:40】山頂の展望場に戻って夕日を眺めます。 《C!大》
展望場

 ¶42.太田川河口の草津港をズーム。 \(^_^)/   《C!夕日景色》
草津港

 ¶43.光が弱くなって宮島の稜線がはっきりしました。 γ(▽´ )ツ
宮島

 ¶44.丸い太陽が山に沈もうとしています。  (・∀・)
太陽

 ¶45.宮島と大野権現山の間に沈んでいきます。  (・A・)   《C!大》
大野権現山

 ¶46.太陽が沈んだ後の夕焼けです。  ヾ( `▽)ゞ
夕焼け

 ¶47.【18:10】下山している時に眺めた呉娑々宇山。これから夜。 《C!大》
呉娑々宇山




 ◆岩滝山から眺めた黄金山。 (27.3.8)   o(^▽^)o    《C!大》
黄金山

 ◆揚倉山から眺めた黄金山。 (27.3.8)  \(^_^)/    《C!大》
黄金山

 ◆揚倉山から眺めた黄金山。 (27.3.8)   ヾ( `▽)ゞ 
黄金山



 

     黄金山の登山日記   H27.2.20 

 うわぁ、また土日の予報が雨になりました。これでは青空が写 せる山登りができません。困ったもんです。週末の予定がたたな かったけど、金曜日午後に仕事で外にでていたら青空が広がって いました。

 これは遠くの山が望めるかもしれない。夕刻は日が当たった西 斜面がきれいなはず。急いで用事を済ませて、標高222mの黄 金山に登ることにしました。

 前にも車道を登っていますが、団地を上に向かいます。山頂の 電波塔が見えてきました。焦ります。すぐに北から東の景色がよ くなります。

 呉娑々宇山などが明るくてきれいです。新幹線や広島高速道が 見えます。写真を撮りながら歩きました。でも急ぎます。

 学生さんが部活のトレーニングをしています。大人もランニン グや犬の散歩をしています。息が切れますがとにかく頑張ります。 夕日には間に合いますが、明るい景色も撮影したいです。

 山の南側に回り込むと、瀬戸内海が広がっていました。太陽が まぶしいです。宮島や似島が見えます。南東の絵下山が近くて大 きく見えます。

 17時のカラスの歌が聞こえてきました。でも帰りません。ふ もとに自動車工場がありますが、この時間だと暗くなっています。 標高があるからここは明るいです。

 駐車場が見えました。猫が3匹います。ちょっとだけ見て山頂 の展望場に上がりました。すぐにカメラをかまえて撮影します。 風があるからビデオは置きっぱなしにしたら揺れていました。

 展望場からは二の丸跡が邪魔して金輪島が見えません。絵下山 や似島は見えます。まだ太陽がまぶしいから、宮島や江波山がは っきりしません。西の空も雲があまりありません。

 北西から北にかけて山の稜線がよく見えました。大茶臼山、火 山、武田山など。春日野団地などは山陰になって暗かったです。

 目を近くの市街地に向けると、たくさんビルが見えます。比治 山が近くにあります。朝の方がきれいに見える山です。広島駅も 双葉山も見えます。

 展望台からは牛田山や呉娑々宇山がうまく見えないので、北側 の道に回り込んで眺めました。海田の町が見えます。日浦山や原 山、鉾取山が見えます。こちらの景色は明るくていいですね。

 呉娑々宇山の左、牛田山の右に、松笠山、二ケ城山、白木山が あります。この季節は雲があると北部の山は見えにくいのですが 今日はよく見えました。ズームして白木山山頂の長い鉄塔を確認。

 高い木が邪魔するから場所を変えながら眺めています。牛田山 の奥に阿武山が見えます。左手前には仏舎利塔のある双葉山が見 えています。山がわかるとおもしろいです。

 再び展望場に戻って日が沈むのを鑑賞しました。空が夕日に染 まります。山に接したら隠れるまで早いです。雲に邪魔されるこ となく沈みました。

 風と電波塔の音が聞こえています。日没後もまだ明るいです。 明るいうちに下山しましたが、町に戻ったら夜になりました。 この黄金山は桜の季節がとてもきれいです。




   約8分
Copyright © 2012 広島山口近辺の花を見て歩く登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作



















































出会い系入門