【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内

 

 竹林と植林を歩いた胡摩ヶ岳 


 
 −島根の登山記録− .

現在のサイト 広島山口の登山記録 日本百名山 山道歩の登山記録


   約5分
 

  胡摩ヶ岳周辺地図

 胡摩ヶ岳【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。

大きな地図で見る

 胡摩ヶ岳【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
  胡摩ヶ岳周辺地図 (赤印が今回の登山口)
胡摩ヶ岳
 

 胡摩ヶ岳の登山記録  H25.5.3


 ∵01.【9:07】野中峠への道で、登山口案内板を見つけました。o(^▽^)o
登山口案内板

 ∵02.登山口のまわりは、きれいな田園がありました。もう水を張っています。
田園

 ∵03.【9:16】登山口からスタートします。標高約360m。ヾ( `▽)ゞ
登山口

 ∵04.【9:17】ここに車停めるとこはないです。左の山道に入ります。
山道

 ∵05.新緑の美しい春です。花が咲いています。 《C!レンゲ》
新緑

 ∵06.【9:24】すぐに植林帯になり、分岐を右に曲がりました。ヽ(゚◇゚ )ノ
植林帯

 ∵07.竹のある山道です。植林帯と混ざっているとこもあります。
植林帯

 ∵08.この辺はちょっとわかりにくいです。上に行けばよいです。
道

 ∵09.アカマツが生えているきれいな山道ですね。 γ(▽´ )ツ
山道

 ∵10.色の濃いフジの花が咲いていました。  ヾ( `▽)ゞ
フジ

 ∵11.新緑の中を歩きます。もうすぐですよ。 ヽ(゚◇゚ )ノ
胡摩ヶ岳

 ∵12.ピークが見えてきました。大きな看板があります。 
胡摩ヶ岳

 ∵13.【9:40】胡摩ヶ岳山頂。561m。 \(^▽^)/ 展望いくらかあります。
胡摩ヶ岳

 ∵14.西中国山地が望めます。東から南方向が見えますよ。 ヾ( `▽)ゞ
景色

 ∵15.山頂にはワラビが生えていました。日がよく当たります。
ワラビ

 ∵16.樹間から山が見えています。
景色

 ∵17.【9:48】同じ道を下山します。  (・∀・)
胡摩ヶ岳

 ∵18.チゴユリが咲いています。正面から撮影! 
チゴユリ

 ∵19.山のサンショです。香りがいいですよ。 o(^▽^)o
山のサンショ

 ∵20.【9:52】ここを右に曲がって下ります。下りは早いです。
道

 ∵21.わかりにくい植林帯も、リボン見て進みます。
道

 ∵22.マムシグサが咲いています。  γ(▽´ )ツ
マムシグサ

 ∵23.【10:00】ここの分岐を左に曲がります。
分岐

 ∵24.【10:05】登山口に下りました。  \(^_^)/
登山口

 ∵25.【10:17】野中峠を通過して移動します。
野中峠

 ∵26.野中峠近くから、胡摩ヶ岳の山頂を眺めました。 ヾ( `▽)ゞ
胡摩ヶ岳
 

 胡摩ヶ岳の登山日記  H25.5.3


 鈴ノ大谷山を下山してからの登山になります。ガ イドを見て、片道1km、標高差200mとなっていたので、め いっぱい安心していました。楽に登ってこれそうです。

 まずは登山口探しです。車のナビで、狭い道を走って野中峠へ と向かいます。その途中に集落がありました。登山口の案内板も あります。車を隅に停めて山道に入りました。

 まだ民家がありますが、そこから畑地横の道を歩きました。 すぐに植林帯になります。分岐では標識を見て進む道を決めます。 テープは少ないですが、道がわかりやすいです。

 マムシグサやチゴユリが咲いていました。紫の濃いフジも近く で咲いています。山のサンショがあるので、葉っぱ1枚つぶして、 春の香りを楽しみます。

 そんなことしていたら、日がよく当たる山頂に到着しました。 三角点があります。南東方向の山の景色が見えます。あとは木が 高いので展望ありません。

 山の景色は、雲があってすっきりしませんが、春の山景色にな ってきています。山上にはワラビが生えていました。誰かとりに くるのでしょうね。

 山頂には、あと3つの山道がありました。整備されているかわ かりませんが、昔から近くの方が登られていたようですね。祠を 探しましたがありません。信仰の山ではないのかもしれません。

 下山は同じ道を下ります。このあたりは、田んぼがあるところ です。きれいに草刈りされて、田起こしされたばかりでした。 水も張ってあります。里の景色も美しいですね。

  このあと益田の天狗山に登ります。  天狗山のホームページはこちら
Copyright © 2012 広島山口近辺の花を見て歩く登山記録 All rights reserved.



















































by ホームページ制作
出会い系入門