【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内

 

 天狗山の岩からの大展望 


 
 
 −島根の登山記録− .

現在のサイト 広島山口の登山記録 日本百名山 山道歩の登山記録


   約6分
 

  天狗山周辺地図

 天狗山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。

大きな地図で見る

 天狗山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
  天狗山周辺地図 (赤印が今回の登山口)
天狗山
 

 天狗山の登山記録  H25.5.3


 ■岩に登って360度の大展望。
 ω01.【10:50】国道488号線から離れて橋を渡ります。山頂見えません。
橋

 ω02.【11:00】天狗神社参道の登山口スタートします。 ヽ(゚◇゚ )ノ
登山口

 ω03.すぐに道が細くなります。しばらく川沿いに登ります。
道

 ω04.木の橋を渡ります。  γ(▽´ )ツ
橋

 ω05.【11:09】七滑ノ滝です。
七滑ノ滝

 ω06.平たい道を歩きます。  γ(▽´ )ツ
道

 ω07.光り輝いてます。赤い新緑です。紅葉みたいな色です。 ヾ( `▽)ゞ
葉

 ω08.急な細い道を登っていきます。斜面落ちないように注意しますよ。
道

 ω09.稜線のゆるやかな道です。新緑がきれい。ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 ω10.【11:26】天狗山山頂に到着。\(^▽^)/  大きな岩が見えますよ。
天狗山山頂

 ω11.まずは天狗様に参拝します。猿田彦神様が見守られています。(・A・)
天狗様

 ω12.この岩登りたいけどこちらから無理です。あきらめようかなぁ。 (´・_・`)
岩

 ω13.西側にまわったら枯れ木がおいてありました。ここなら登れそうです。
西側

 ω14.安全ロープつけて岩の上に上がりました。足がすくみます。\(^_^)/
岩の上

 ω15.手を伸ばして下を撮影。前にでると危ないのでここまで。w(゚o゚)w
景色

 ω16.北のふもとに国道488号線と川が見えます。こちらは怖くないです。
国道488号線

 ω17.近くに同じくらいの山があります。右に海が見えますね。《C!ズーム》
景色

 ω18.北の方の景色です。  γ(▽´ )ツ
景色

 ω19.東の方の景色です。  ヾ( `▽)ゞ
景色

 ω20.南東の方の景色でーす。   ヽ(゚◇゚ )ノ   電波塔見えますか。
景色

 ω21.続けて南の方の景色です。   \(^▽^)/
景色

 ω22.山上に下ります。桜が植えてありました。展望少しあります。
山上

 ω23.【11:48】下山開始します。下りも狭いので注意しまーす。ヽ(゚◇゚ )ノ
下山開始

 ω24.【12:01】七滑ノ滝まで戻ってきました。  (・∀・)
七滑ノ滝

 ω25.道がゆるやかになっていきます。沢の水が冷たいです。ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 ω26.トンボがいましたよ。  ヾ( `▽)ゞ
トンボ

 ω27.【12:07】橋を渡って登山口に戻りました。  γ(▽´ )ツ
道

 ω28.橋のところで こいのぼりが泳いでいました。  o(^▽^)o
こいのぼり

 ω29.【5/4 5:08】国道488号から天狗山を眺めました。
天狗山

 ω30.山頂の岩をズームしてみます。あの松の木が見えまーす。\(^_^)/
天狗山
 

 天狗山の登山日記  H25.5.3


 5月3日の3山目です。石見の山を登っています。 この天狗山も、山頂まで1kmもないから気軽な気持ちです。国 道488号から分かれて、登山口はすぐに見つかりました。

 案内板がありますが、山頂の神社に猿田彦神様を奉ってあるそ うです。11時にスタートしました。まだ昼前です。新緑の中を 歩きます。気分がウキウキですね。

 すぐに沢を渡って細い山道になりました。水の音が清らかです。 だんだん急な道になってきました。まだそんなに汗をかいていま せんが、見どころの七滑(なななめら)ノ滝に着きました。

 そんなに落差はありませんが、滑るように水が流れています。 ここで手を清めました。山上まで樹林帯が続きます。

 新緑を眺めてますが、急な上に、道が細くなったので、斜面に 落ちないように、ふんばって歩きました。ルートはわかりやすい です。たまに立ち休憩しながら登ります。

 やがてゆるやかになり、目の前に岩が迫ってきました。 ここが山頂です。天狗神社の祠があります。安全を祈願しますね。

 山上の小さな岩の上から、北東の景色が見えます。でもあの巨 岩の上から眺めてみたいです。さっそくチャレンジしますが、登 れそうにないので下山しようかと思いました。

 でもよく見ると西側への踏み跡があります。たどっていくと、 岩に枯木がかけてあり、これが梯子の代わりをしていました。 岩もゆるやかになっています。

 さっそく登りますが、ひとりなので途中の松の木と、体をロー プでくくっておきました。少し気が休まります。注意していても 万一のことがあります。

 5mしか動けないのがデメリットですが、十分でした。岩のピ ークにタッチしました。ここからは360度の展望が得られるの で楽しいです。少し足が震えていました。

 東の方には、西中国山地の恐羅漢山などの山々が見えます。あ の辺は春が遅いでしょうね。南東の近くには安蔵寺山塊がありま す。まだ登ったことのない山です。いつか登りたいところです。

 南や南西には、盛太ヶ岳、鈴ノ大谷山、胡摩ヶ岳などがありま す。まだ特定しにくかったです。西の方にはここと同じくらいの 峰が近くにあります。

 北西を望むと青いものが見えます。ズームして眺めました。 日本海が見えるんですね。あそこからはこの岩も見えてるのでし ょう。下に目を移すと、川沿いに国道488号線が見えています。

 景色が望めてよかったです。山上には桜が植えてあったので、 大きくなっていくことと思います。アセビもありました。さて下 山しますが、いつものように早いです。

 ただ道が細いので、ふんばって歩いている感じです。七滑ノ滝 を通過して、草原帯でキンポウゲなどの花を見ながら下山しまし た。このあと昼食にいきました。

  このあと、大道山に登っています。  大道山のホームページはこちら

Copyright © 2012 広島山口近辺の花を見て歩く登山記録 All rights reserved.



















































by ホームページ制作
出会い系入門