【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内

 雪の積もった阿弥陀山登山


 
 
 
 −広島の登山記録−  .
阿弥陀山891m峰(27.12) 広島山口の登山記録 日本百名山登山記録 写真エクセル記録

阿弥陀山動画  約15分
 

  広島県の阿弥陀山案内地図

 ■阿弥陀山の地図

 阿弥陀山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   近辺にある山:湯来冠山、天上山、東郷山など 

大きな地図で見る

 阿弥陀山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
阿弥陀山


 

  阿弥陀山の登山記録   H24.2.19の記録

 ■足跡のない阿弥陀山に登ってきました。

    阿弥陀山から891m峰往復登山(27.12) ⇒  阿弥陀山西峰のHP


 Γ01.【8:30】移動中に眺めた阿弥陀山です。早く登りたいです。ヽ(゚◇゚ )ノ
阿弥陀山

 Γ02.【8:43】伏郷バス停から出発しました。東郷山登山口も近いです。
伏郷バス停

 Γ03.八幡宮入口に駐車場と案内板がありますよ。  (o^-^o)
八幡宮入口

 Γ04.阿弥陀山山頂をズームしてみます。樹林帯みたいですね。\(^_^)/
阿弥陀山山頂

 Γ05.八幡宮に参拝してから登ります。  (・A・)
八幡宮

 Γ06.【8:59】白い雪道を歩きますね。先が思いやられそうです。
雪道

 Γ07.【9:08】古い案内板見て遊歩道に入ります。アイゼンつけました。
案内板

 Γ08.【9:10】山道入口。ここから狭くなります。  (・∀・)
山道入口

 Γ09.貯水タンクを過ぎたら、この時は倒木が多くて歩行困難でした。w(゚o゚)w
倒木

 Γ10.【9:34】分岐発見。安心して進みます。道がわかりやすくなりました。
分岐

 Γ11.悩みました。直進だけど右に進んで、、、強引に上にでました。
迷う

 Γ12.車道を横切ります。次の約道が見えていました。  ヾ( `▽)ゞ
車道を横切り

 Γ13.崖の上は展望のよいとこです。東郷山がきれいに見えました。\(^_^)/
東郷山

 Γ14.分岐を左に登ります。この先急になります。
分岐

 Γ15.こんな感じです。ロープありますが、雪の中です。 ヽ(゚◇゚ )ノ
ロープ

 Γ16.岩の横を登ります。静かな雪景色です。  
岩の横

 Γ17.足跡のない山道です。日が当たると明るいです。 
山道

 Γ18.【10:19】阿弥陀山山頂 837m 三角点にも雪が積もっています。
阿弥陀山山頂

 Γ19.展望台の上から景色を眺めます。891mの峰が見えます。
908mの西峰

 Γ20.雲が増えています。瀬戸内海が少し見えました。  ヾ( `▽)ゞ
瀬戸内海

 Γ21.西峰の左の大峯山をズーム。目立っています。
大峯山

 Γ22.木が生長しているから、東郷山が良く見えません。
東郷山

 Γ23.【10:30】下山は早いです。ロープ場も注意して下ります。
ロープ場

 Γ24.途中の車道を歩いて、展望場を探してみました。 o(^▽^)o
展望場

 Γ25.窓ヶ山が見えます。ズーム。 (o^-^o)
窓ヶ山

 Γ26.【10:55】山道に戻ります。迷ったところを再確認します。
山道

 Γ27.同じ道を下ります。早いです。倒木のところも通ります。 γ(▽´ )ツ
道

 Γ28.アイゼン外して車道を歩きます。八幡宮が見えてきました。
車道

 Γ29.八幡宮に下山完了。  \(^_^)/
八幡宮



 ◆鈴ヶ峰から眺めた窓ヶ山や阿弥陀山 《C!大》γ(▽´ )ツ (27.1.18)
窓ヶ山

 ◆鈴ヶ峰から眺めた阿弥陀山。右奥に白い雪山。 o(^▽^)o (27.1.18)
阿弥陀山



 

  阿弥陀山の登山日記   H24.2.19



 湯来に行く途中の案内板で、阿弥陀山に登る山道があるのを知っていました。いつか行こうと思っていましたが、さすがに2月は雪が積もっていました。登山口の八幡宮周辺も氷が張って、つららもできていました。お参りして出発します。

 住宅地は悩みますが、北西の奥に進みます。古い標識がを見つけて歩きます。6本歯のアイゼンを履きました。山道に入ります。すぐに貯水タンクがありました。そして倒木です。3ヶ所くらいですが、迂回したり、乗越えたり大変です。しかし、この後道がよくなりました。

 すべらないように、雪道を歩きます。車道にでる前で、少し迷って右に歩きました。強引に上に登ったから、車道にでました。リボンをもっとよく見ないといけません。車道には動物の足跡がたくさんついていました。

 また山道です。最初は木がないから展望がよいです。東郷山がきれいに見えました。少し雲が増えてきています。この先、左に登りますが、急坂です。ロープが雪に埋まっています。一歩ずつ確実に歩きます。木が減ると、日が当たりだしました。そして、三角点が見えてきました。

 阿弥陀山山頂です。コンクリートの建物があります。階段を上がって、展望台に立ちます。足跡がありませんでした。南から西に展望が広がっています。瀬戸内海も少し見えます。大峯山も見えています。北西に電波塔のある峰が見えます。時間があれば、往復して登ってきたいところです。東郷山は、木の間に少し見えました。

 同じ道を下ります。車道では、展望探してあるきました。窓ヶ山、鈴ヶ峰、極楽寺山が木の間から見えました。同じ道を下って、八幡宮まで戻りました。距離がないのは気軽ですが、雪があるとハードになります。展望場があるのが良かったです。


by ホームページ制作
Copyright © 2012 広島山口近辺の花を見て歩く登山記録 All rights reserved.



















































出会い系入門