【広告】 体育館床用ドレッシングオイルでお手入れ⇒ ダンケルDの紹介
 【広告】 登山のホームページを自作して公開中。 ⇒ 自作HP資料

 倉橋島の火山岩場からの眺め


 
 
 
 −広島の登山記録− .
広島山口の登山記録 火山と後火山HP30.4 写真エクセル記録 山道歩の登山記録


   約29分
 

  広島県の倉橋島の火山案内地図

 ■倉橋島の火山の地図
 倉橋島の火山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。

大きな地図で見る

 【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大       地図サービス
倉橋島の火山

 

  倉橋島の火山の登山記録   H23.7.23

 ■夏に瀬戸内海を眺めようと思っていきました。

   後年の火山と後火山 ⇒  火山と後火山(30.4.22)
   飛行機からの瀬戸内海⇒  空撮(28.9.13)
   倉橋島の桂浜 ⇒  桂浜や音戸大橋のHP(R3. 2.21)
   鹿島の海岸 ⇒  鹿島南部と鹿島大橋のHP(R3.2.21)


 Δ01.【7:55】呉駅からのバスで桂浜に到着しました。 \(^_^)/
桂浜

 Δ02.江戸時代に作られたドック跡を見ながら登山口に向かいます。
ドック跡

 Δ03.【8:05】火山の登山口です。上に墓地があります。 
登山口

 Δ04.八十番の石仏様を拝んで歩きます。  (・A・)
石仏

 Δ05.【8:18】道がよい。蚊が多いのでスプレーを付けました。
道

 Δ06.【8:28】ベンチの多い休憩場です。     o(^▽^)o
休憩場

 Δ07.瀬戸内海が見えました。 右の方が桂浜温泉です。  \(^_^)/
瀬戸内海

 Δ08.岩場の道があり、楽しいですよ。 ゞ   《C!キノコ》
道

 Δ09.【8:50】東屋。車道終点の分岐です。広い駐車場あります。
車道終点

 Δ10.先に火山に登ります。道からも展望ありますよ。 
道

 Δ11.【9:00】火山山頂です。岩の上にあがります。 \(^▽^)/
火山山頂

 Δ12.岩の上はけっこう広いです。安定して眺められます。でも注意!
岩の上

 Δ13.火山よりも高い後火山。少しかすんでいます。後で登ります。
後火山

 Δ14.桂浜と集落が見えます。  γ(▽´ )ツ  《Cズーム》
桂浜

 Δ15.岩の向こうに早瀬大橋が見えます。    ヾ( `▽)ゞ
早瀬大橋

 Δ16.岳浦山491mに雲がかかっています。  \(^_^)/
岳浦山

 Δ17.【9:24】林道終点の鞍部に戻りました。後火山へ。《C案内》
林道終点

 Δ18.後火山の途中に展望台です。急な道ですよ。   《C案内》
展望台

 Δ19.【9:38】後火山山頂456m \(^▽^)/ 三角点は先です。
後火山山頂

 Δ20.南の展望があります。瀬戸内海が見えますよ。ヾ( `▽)ゞ
南の展望

 Δ21.白くかすんでいますが鹿島大橋が見えます。
展望

 Δ22.もうすぐ先ほどの展望台に戻ります。
道

 Δ23.展望台から火山を眺めます。    《C火山山頂ズーム》
火山

 Δ24.【10:05】車道終点から下山。どんどん同じ道を下ります。
車道終点

 Δ25.桂浜温泉が見えてきたので、草道を下りました。 
桂浜温泉

 Δ26.【10:35】桂浜に下山しました。     \(^_^)/
桂浜

 Δ27.桂浜で海を眺めます。     γ(▽´ )ツ
桂浜

 Δ28.長門造船歴史資料館の遣唐使船がおもしろいですね。
遣唐使船

 Δ29.桂浜神社に参拝します。     (・A・)
桂浜神社

 Δ30.火山(左)と後火山を眺めます。    \(^▽^)/
火山

 Δ31.バスで移動して音戸大橋を眺めました。  γ(▽´ )ツ
音戸大橋

 Δ32.音戸の瀬戸に近づきました。     o(^▽^)o
音戸の瀬戸




 ◆黄金山から眺めた倉橋島。 (27.2.20)   《C!大》
倉橋島

 ◆飛行機から眺めた桂浜や火山。(28.9.13)    《C!大》
火山



 

  倉橋島の火山の日記  H23.7.23

  
 夏の暑いときは、標高の高い山に登って涼しみたいと思います。でもこの時は瀬戸内海が見たいと思ったのです。浜辺があれば入ってみたいですね。暑い日が続いていました。呉駅で桂浜行のバスにのります。音戸大橋を渡ってさらに南に進みます。初めて訪れた場所でした。景色に感動です。

 まだ早いので静かです。造船場跡を眺めて、さっそく登山口を見つけました。ここからお地蔵様をたどって登ります。夏の浜辺近く、やはり蚊が多かったです。スプレーもってきていました。山道は草がなくて歩きやすいです。休憩用にベンチもありました。岩場を歩くのは楽しいですね。

 アジサイなどの花を見ながら、車道終点の鞍部につきました。東屋があります。車は1台とまっていました。先に火山に登ります。急だけど楽しい山です。岩があるので、展望も楽しめます。山頂まで大きな岩でした。落ちないようにしっかりと立ちます。南に瀬戸内海が開けて美しいですよ。

 波の音がかすかに聞こえています。光が反射してまぶしいです。遠くに愛媛や山口の島が見えています。北の方には、倉橋島や江田島の山々が見えます。宇和木峠からの山道もあります。ちょうどそちらから、ひとりのぼッ来られました。東の方には、あとで登る後火山が見えます。途中の展望台もよくわかります。

 ゆっくりしたい岩場ですが、一度下って後火山に登ります。急な坂道もあります。展望台からの景色は、火山山頂と同じような感じです。草原もあるいて、樹林帯の山頂につきました。こちらの方が火山よりも高いです。少し下った先に三角点がありました。南の岩から瀬戸内海の景色が眺められます。

 真昼の暑さになる前に下山です。同じ道をくだります。何人か登ってきました。桂浜に下って瀬戸内海を眺めます。海に入ってみます。登山の後なので気持ちいいです。ここは温泉もあるから便利ですね。造船資料館を見学して、桂浜神社に参拝してから帰りました。第2音戸大橋は、この時は建設中でした。

Copyright © 2012 広島山口登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作