【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ ⇒ ダンケルD
 【広告】 自作したホームページ。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内


 伴南調整池の山からの展望と公園







 −広島の風景記録− .
春日野の公園HP 広島山口の登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録


   約7.5分  伴南調整池周辺からの景色
 


   約6.5分  こころ大橋
 


   約4.5分  こころ第一と第五公園
 


   約5分 こころ第二公園
 


   約4.5分 こころ第四公園と奥畑防災調節池公園
 


   約8分 こころ第六公園と第四公園に続く緑地
 


   約6分 こころ第七公園(西風梅苑近く)
 


   約9分 こころ第北公園
 


   約6分 こころ橋
 
 

  広島県の伴南調整池の山の案内地図

 ■伴南調整池の山の地図
 【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
 【グーグルの写真】・・・クリックで拡大

 

  伴南調整池の山の展望と公園記録   R2.3.7

 ■山の上に建物が見えるけど柵の外から景色がよかったです。
   柵内立入禁止。途中車止あり。道は電波塔にも続いてます。
   公園と橋を撮影するつもりだっので動画に声入れていません。
   こんなに景色がよいなら山の名前など話したらよかったです。
   将来柵の外の道に入れなくなるかも。    ヽ(゚◇゚ )ノ

  春日野の公園めぐり  ⇒  春日野の公園HP(R2.2.24)
  落合南岩上の公園記録 ⇒  落合南の公園めぐり (R2.2.23)
  矢口ケ丘の公園めぐり ⇒  矢口ケ丘の公園HP(R1.12.15)
  桐陽台の公園めぐり  ⇒  桐陽台(三入東)HP(R2.3.8)
  くすの木台の公園 ⇒  くすの木台の公園HP(R2.2.9)


 μ01.こころ北公園の撮影をしています。あの山の展望は?
    地元の方に上の道から良い景色と教えていただきました。

 μ02.車道を上へ。立入禁止はありませんでした。まだ展望少し。

 μ03.向山を見ながら上に向かっています。もうすぐ。 o(^▽^)o
向山

 μ04.【8:53】山の上。伴南調整池の水道設備があります。

 μ05.伴南調整池。水道施設は柵内立入禁止です。  ヽ(゚◇゚ )ノ

 μ06.大茶臼山。太陽が南東にあるから見えにくい時間。
大茶臼山

 μ07.こころ大橋。あとで歩きます。    ヾ( `▽)ゞ
こころ大橋

 μ08.こころ大橋の方向。海が見えるのかな? かすんでる日。

 μ09.極楽寺山や小畑山が見えます。    \(^_^)/
極楽寺山

 μ10.北の景色。岳山。近くにリハビリステーションセンター。

 μ11.向山がきれいです。日が当たっていました。   《C!大》

 μ12.柵の外の小道を通ってピークの電波塔を見に行きます。

 μ13.小山のピーク。境界杭があります。木が視界を邪魔します。

 μ14.【9:03】小山のピーク。山の名前は記載なし。  \(^▽^)/

 μ15.ピークから眺めた北の景色。   ヾ( `▽)ゞ

 μ16.ピークから眺めた北東の景色。荒谷山が見えます。
荒谷山

 μ17.水道設備の向こうに向山。  \(^_^)/  《C!向山》

 μ18.電波塔の向こうに火山や丸山。東の方向。 (・∀・)

 μ19.山道が続いて下の電波塔まで行けます。ここは展望なし。

 μ20.水道設備を一周中。北東のふもとに町が見えます。

 μ21.こころ北公園の向こうに荒谷山が見えます。  o(^▽^)o
荒谷山

 μ22.ここにも柵内立入禁止板。うすくなっていました。

 μ23.水道設備の中は何があるのか興味深いです。こんな上に水?

 μ24.リハビリステーションセンターがよく見えます。  ヾ( `▽)ゞ
リハビリステーションセンター

 μ25.こころ大橋側に下ります。    (・∀・)

 μ26.こころ大橋を歩いています。   ヾ( `▽)ゞ
こころ大橋

 μ27.こころ大橋から眺めた火山や丸山。  \(^_^)/ 《C!大》
火山

 μ28.こころ大橋から眺めた伴南調整池がある山。  γ(▽´ )ツ
伴南調整池

 μ29.こころ大橋を渡ったので戻ります。また渡ります。
こころ大橋

 μ30.こころ大橋から向山を眺めています。  o(^▽^)o 《C!大》
向山

 μ31.Aシティー第一公園から眺めた山。     \(^_^)/
Aシティー第一公園



 

     伴南調整池の山の展望と公園日記   R2.3.7

 西風新都ICに行くときに、こころの団地を通ります。広い道 で山の近く。家がいっぱいでお店もあります。まだ新しい団地。 今の公園をよく見て記録しておきたいと思っていました。

 先週に続いて公園を撮影します。人が少ない朝のうちにいくつ かまわります。太陽が低いから逆光はちょっと映り悪いけど、朝 のすがすがしい景色。こころ北公園の駐車場に車をとめました。

 気になっていた電波塔の小山の北側。広いグランドでテニスコ ートがあります。まだ静かな公園。9時です。犬の散歩の方がた まに通ります。北の端から撮影。東側に移ると斜面の上で展望よ さそうだけど草木が伸びていました。

 草木の向こうに火山や丸山が見えます。もっとよく見えるとこ ろがあればなぁ。 グランドに近づくと広いです。南の小山がき れいに見えます。たぶん建物は水道設備だろうと予測しました。

 東屋があって雰囲気が良いです。太陽を背にしてグランドを眺 めるのが順光できれい。向山や岳山が見えます。もっと高いとこ ろがあればさらにきれいでしょう。そんなに寒くないです。ロウ バイが咲いていました。

 いったん駐車場側に戻って、いろんな角度からグランドと小山 を撮影。遊具広場に入りましたが、他の公園とは違うものが置い てありました。西側にリハビリテーションセンターがあって、そ のまわりにも緑地が見えます。

 犬を散歩している地元の方に小山の上にあがれるのか聞きまし た。車では無理だけど歩いていけるそうです。柵の中には入れな いけど、まわりの道からは町や山がよく見えるそうです。さっそ く向かいました。

 きれいな車道。下に車止めがあります。そして途中にもクサリ ゲートがあり、歩行者は端から入れました。高度が上がって展望 がよくなります。最初に向山と、こころ大橋の景色がよくなりま した。

 伴南調整池。建物の中に水があるのでしょう。どうやってため ているのか気になります。柵の中は立入禁止。隙間から中を見る ことができました。今日は人がいないようです。展望台があれば いいのになぁ。

 近くで向山や橋を眺めていました。東側に道があるので進むと 電波塔があるピークに近づけます。封鎖はされていません。階段 や道があるのでちょっと行ってみます。上には三角点がありませ ん。山の名札もありませんでした。

 とにかく一番高いところから景色を眺めます。水道設備の向こ うに向山が見えます。そして北東の展望がよいです。荒谷山や野 登呂山が見えました。でもあとでまわる柵のそばからの方がよく 見えました。

 下側の電波塔にも寄りました。少し大茶臼山が見えます。大塚 の町に下る道があるかと思ったけどわかりません。管理の方は同 じようにして見にきているのでしょう。

 戻ろうと思ったけど、柵の外の道が続いています。せっかくだ からまわることにしました。斜面がそばにあるから、いつか立入 禁止になるかなと思いながら歩いています。こちら側にも施設へ の立入禁止表示がありました。

 火山やふもとの町を眺めます。白っぽい景色なので午後の方が きれいに見えるでしょう。眼下に、こころ北公園。テニスしてい る人が見えました。公園をきれいに撮れました。北側に移って岳 山を眺めています。

 10分くらい滞在しております。こんなに景色がいいと思わな かったので、動画を作成するつもりはなくて声をいれてませんで した。帰ってから映像を残すことにしました。次は見えていた、 こころ大橋です。

 すぐに到着。きれいなアーチの橋。とても高いです。バンジー ジャンプの競技でもするのではないかと考えました。怖いでしょ うね。たまに車が通る橋。歩道が両側にあります。さっそく歩い てみましょう。

 まずは東側の歩道から。手すりがあるけど、さらにフェンスも あります。落下防止とものを下に落とさせないためでしょう。 フェンスの間から景色を眺めます。さきほどの小山もきれいに見 えています。

 下には車が通っていておもしろいです。ほんとに高い。歩道に 透明なガラス窓があったらおもしろそうです。東には丸山などが 見えています。大学や大茶臼山のテレビ塔の建物も見えます。

 南側にまわりました。こちらにも公園がありますが、桜の季節 にしようと思っています。まだ家が建っていない区画もあります。 景色が変わっていくことでしょう。

 今度は西側の歩道を歩きます。こちらは向山がきれいに見えま す。北側に高い建物がありますが、あそこの窓からも景色がよい でしょう。橋を撮影して渡り終えました。

 こころ北公園に戻って撮影を続けます。東側をまだ写していま せん。その後、こころ橋を渡って、第一公園と第五公園を撮影、 戻るときに第二公園を撮影しました。

 お昼までに帰る予定。小山の東の下にあるAシティー第一公園 にも寄りました。大塚の町、学校のそばです。普通の公園かと思 ったら、とてもきれいな庭園や滝があるところでした。季節を変 えて見に来たくなりました。


Copyright © 2012 登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作