【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
 【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内


 

 久賀から登った嵩山、嘉納山、文珠山 







 −山口の登山記録− .
同日の飯の山HP 広島山口の登山記録 日本百名山 山道歩の登山記録

  ●個人記録用のビデオです。参考になるようでしたらご覧下さい。
   約21分
 

  嵩山、嘉納山、文珠山の周辺地図

 嵩山、嘉納山、文珠山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
 嵩山、嘉納山、文珠山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
  嵩山、嘉納山、文珠山の周辺地図 
嵩山、嘉納山、文珠山
嵩山、嘉納山、文珠山

 

 嵩山、嘉納山、文珠山の登山記録  H28.5.22

 ■よい展望があります。歩きやすい道です。久賀から登りました。

    源明山から縦走した 嘉納山 ⇒  嘉納山・文珠山(H23.7)
    文珠山下山後に登った飯の山 ⇒  飯の山のHP
    近くの大見山の記録     ⇒  大見山のHP(28.11.4)
    飛行機から眺めた瀬戸内海  ⇒  空撮(28.9.13)HP

 大01.【7:43】電車で移動中。周防大島が見えてきました。  \(^_^)/
周防大島

 大02.【7:50】大畠駅に到着。バスで移動します。   (・∀・)
大畠駅

 大03.【8:11】久賀の海岸からスタート。学校などの位置を確認しながら。
久賀

 大04.【8:16】久賀庁舎前を通過します。    γ(▽´ )ツ
久賀

 大05.【8:34】嵩山を見ながら川沿いを歩いています。  《C!嵩山山上》
嵩山

 大06.【8:50】分岐。嵩山と嘉納山の標識発見。どちらも4.5km。
    嵩山の道に入ってすぐ倒木あり。《C!》左から突破。  (´・_・`)
分岐

 大07.【9:00】きれいな舗装路に合流。上って橋を渡ります。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 大08.【9:03】嵩山が見えます。左から車道に下りられますが右を直進。
道

 大09.マムシグサが咲いています。花が大きいです。栄養がいいのかな。
マムシグサ

 大10.シライトソウが咲いていますよ。   ヾ( `▽)ゞ
シライトソウ

 大11.鈴なりです。栄養がいいのでしょうね。    \(^_^)/
花

 大12.【9:25】民家を通過して竹林歩き。その後植林帯へ。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 大13.【9:34】嘉納山への遊歩道入口。先に嵩山に登ります。  (・∀・)
道

 大14.【9:36】嵩山遊歩道入口。案内図があります。あと1km。 o(^▽^)o
道

 大15.手すりのある山道を歩いて車道に合流。このあとは車道歩きです。
道

 大16.建物が見えてきました。駐車場があります。あともう少しです。 (・∀・)
嵩山

 大17.電波塔や展望台が見えてきました。嵩山山頂ですよ。三角点は?
嵩山

 大18.【9:56】嵩山山頂。619m。   \(^▽^)/
嵩山

 大19.展望台に上がって景色を見ましょう。近くにグライダー場があります。
展望台

 大20.あしとで登る嘉納山です。右奥が文珠山。  o(^▽^)o  《C!大》
嘉納山

 大21.嘉納山の左に源明山。以前源明山から嘉納山に登りました。《C!大》
嘉納山

 大22.南西の源明山の左奥に平郡島。ふもとに橘の町が見えます。
源明山

 大23.北に福島や前島が見えます。遠くは白くかすんでいます。  (・∀・)
前島

 大24.北の久賀の町を眺めます。町から嵩山がよく見えるわけです。
久賀

 大25.大崎の方。黒島がかすんでいます。   ヽ(゚◇゚ )ノ
大崎

 大26.北東に浮島が見えます。   ヾ( `▽)ゞ
浮島

 大27.【10:21】移動します。ここから遊歩道を散策しました。 o(^▽^)o
道

 大28.【10:30】展望のない道から大16地点に戻りました。同じ道を下ります。
道

 大29.【10:45】大13地点に戻って嘉納山に向かいます。2.1km。
道

 大30.急な道もあります。手すりが古くなっています。   γ(▽´ )ツ
道

 大31.【11:14】嘉納山まで0.7kmの休憩所。展望ありません。
     少し休憩。スマホ捜査中。この先に鉄塔があります。 (・∀・)
休憩所

 大32.電波塔。車道終点から少し下ると標識があります。   \(^_^)/
    車道沿いに下れば久賀の町に下ります。
標識

 大33.【11:36】大きな岩の横を歩きます。大島の地質の説明板があります。
岩

 大34.樹間から源明山を眺めます。    ヾ( `▽)ゞ
源明山

 大35.今度は人工の大きなものが、、、陸軍の高射砲陣地がありました。
     四境の役の時に三ツ石高地の攻防戦があったところです。
高射砲陣地

 大36.【11:40】左に電波塔。源明山(左)との分岐。山頂はすぐ先です。
分岐

 大37.【11:41】嘉納山山頂。685m。 \(^▽^)/  《C!反対から》
嘉納山山頂

 大38.アザミが咲いています。チョウチョがいたからまずは撮影。 o(^▽^)o
チョウチョ

 大39.先ほど歩いた山が見えます。左奥が大崎。黒島や浮島が見えます。
黒島や浮島

 大40.少し戻って久賀の町を眺めました。   ヾ( `▽)ゞ
久賀

 大41.【11:51】下山開始。2km先の文珠山に向かいます。   (・∀・)
道

 大42.植林の道。木陰は助かります。空気がひんやり。  o(^▽^)o
道

 大43.小さな展望岩から馬の背の方を眺めます。   \(^_^)/
馬の背

 大44.【12:16】車道を横断します。あともう少しです。  γ(▽´ )ツ
道

 大45.【12:21】文珠山山頂。663m。  \(^▽^)/
文珠山

 大46.南東に嵩山、嘉納山、源明山が見えます。 o(^▽^)o  《C!大》
嵩山、嘉納山、源明山

 大47.南西の頂海山の向こうに大星山が見えます。  γ(▽´ )ツ
頂海山

 大48.嵩山山頂の電波塔をズーム。   ヽ(゚◇゚ )ノ
嵩山山頂

 大49.飯の山や周防大橋を眺めます。かすんだ天気でした。  《C!大》
飯の山

 大50.【12:38】日がよく当たる文珠山山頂です。下山開始。  (・∀・)
文珠山山頂

 大51.手すりのある山道を下っていきます。そして車道に合流。 ヾ( `▽)ゞ
道

 大52.文殊堂に参拝。周防龍岩寺です。   (・A・)
周防龍岩寺

 大53.参道を下って近道しました。このあとは車道を下ります。 (・∀・)
道

 大54.【13:13】近道が欲しいです。車道歩き。木陰は助かります。 o(^▽^)o
道

 大55.【13:20】飯の山や琴石山が見えます。ちょっと近道中。 γ(▽´ )ツ
琴石山

 大56.【13:32】木陰がなくて暑い中を下っています。橋の陰で休憩します。
道

 大57.【13:51】県道106号を下っています。学校が見えました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
県道

 大58.【13:59】文珠山入口の駐車場に下山しました。このあとは飯の山へ。
文珠山入口



    文珠山下山後に登った飯の山 ⇒  飯の山の専用HP


 ◆飛行機から眺めた文珠山山頂。 (29.5.15)   o(^▽^)o
文珠山



 

    嵩山、嘉納山、文珠山の登山日記  H28.5.22  

 梅雨にはまだ早いです。夜は涼しいけど日中は7月並の暑さで す。晴れの予報なので電車に乗って出かけました。飯の山と文珠 山の計画を立てていましたが、思いきって嵩山に登って飯の山に もチャレンジすることにしました。

 大畠駅で7時50分のバスに乗ります。乗客は二人でした。 8時10分に久賀に着きます。初めての地です。海岸から歩きま す。庁舎や学校を探して位置を確認しました。

 電波塔がたくさんあるなだらかな山が見えます。あれが嵩山の ようです。いろんなルートが考えられますが、最短距離が希望。 川沿いに上がっていくと、振り返れば久賀の町と海が見えました。

 分岐に標識があります。嘉納山も嵩山も4.5kmです。今回 は嵩山が優先。左に進むとすぐに倒木。悩みました突入して抜け ました。さらに進むときれいな舗装路に合流。すぐ下にも車道が ありますが、橋を渡ることで横切りました。

 山に入って行く林道です。左前方に嵩山が見えています。陰の 道を歩きます。マムシグサが咲いていますが、今まで見たのより 大きいです。違う花なのかも。ナルコユリの花が鈴なりです。 栄養がよいのでしょう。シライトソウも咲いていました。

 電柱があるからまさかと思いましたが民家がありました。通過 すると立派な竹林です。そして植林帯になります。下草(低木) がある植林です。うす暗い中で分岐が見えてきました。こんなと ころに嘉納山への遊歩道入口がありました。

 また少し進むと今度は嵩山遊歩道です。車道だと遠回りです。 案内絵図を見たら遊歩道がたくさんある山です。山頂まで1km と書いてありました。ここで嵩山を「だけやま」と読むのだとわ かりました。

 手すりのある道を登って車道に合流。あと500m。駐車場に 着きましたが車がありません。電波塔と展望台が見えてきました。 グライダーの発進場があります。展望よさそうです。

 まずは619mの三角点。嵩山山頂の表示がありました。 ここからの展望はよくありません。展望台のドアを開けて上りま す。上には説明板があります。日に当たりながら眺めました。

 まずは嘉納山。電波塔が見えないから山頂は隠れている感じで す。稜線を左にたどれば源明山。以前歩いた山々です。南西方向 の源明山のふもとには橘の町が見えます。海岸の景色も美しいで す。海の向こうに平郡島が見えます。

 東の方は木が邪魔してよく見えません。島の先や四国を見たい ものです。北東に浮島や前島が見えます。白くかすんでいます。 その向こう、広島県の西能美島や倉橋島はかすみで見えなくて残 念です。晴れているのに遠くが見えない日です。

 休憩後に遊歩道をまわって戻ることにします。橘の方への道も きれいです。展望がないから鳥の声を聞きながら駐車場に戻りま した。遊歩道を下って嘉納山入口に戻ります。

 嵩山周辺の岩めぐりをしたりして久賀に戻って飯の山に移動す ることも考えていましたが、嘉納山に向かうことにします。 入口から2.1kmです。3人下ってきました。

 展望がないけど森林浴を楽しみます。急なところには手すりが あります。古くなっています。あと700mのところに休憩所が ありました。休みます。樹間から嵩山山上が見えています。

 休憩所の先に鉄塔があり、その下に電波塔がありました。ここ が車道終点です。登山時の嘉納山4.5km標識の分岐に通じて いるのでしょう。すぐ下に分岐があり、ここにも休憩所がありま す。林道と分かれて山道に入りました。

 もう少し頑張ります。大きな岩がでてきました。でこぼこして います。屋代島の岩質の説明板がありました。また歩くと今度は 人工物です。

 第二次世界大戦の時に高射砲陣地があったそうです。ここは四 境の役の時に三ツ石高地の攻防戦があったところでもあるそうで す。岩が続いていると要塞みたいな感じです。

 話し声が聞こえます。電波塔がある源明山との分岐です。ふた り源明山に下りました。そしてすぐに嘉納山山頂です。 標高は685mです。狭いけど懐かしい山頂。 新しい山名表示板がついていました。

 山頂は風があって気持ちよいです。アザミが咲いていてチョウ チョが蜜を吸っています。展望よりも先にチョウチョの撮影をし ます。おなかすいていたのか近寄っても逃げませんでした。

 さて展望ですが、山頂からは久賀の町や黒島や浮島が見えます。 少し戻った山道からがよく見えます。久賀の町に戻るか考えて、 文珠山に縦走することにしました。

 前回と同じ道です。あの時は7月でしたが、草が伸びて歩きに くかったです。まだ大丈夫でした。植林帯に入るとうす暗いです。 そんなに暑くありません。太くなった木々がきれいです。

 歩きやすいのでどんどん進みます。標識に距離が書いてあるか ら目安になります。土塁跡など見て車道を横断し、12時21分 に文珠山山頂に着きました。嘉納山から2km30分です。

 広い山頂です。展望台があるから上がります。 暑いから気合い入れて撮影しています。ここからは大島大橋や飯 の山、琴石山や柳井港、城山や銭壺山が見えます。

 景色が素晴らしいです。遠くが白くかすんでいるのがとても残 念です。岩国や広島の宮島などが見えませんでした。

 大星山や皇座山が見えます。その向こうには、祝島や牛島など が見えているのですがはっきりしません。くっきり見える天気の 時に眺めたいものです。嘉納山の電波塔も見えています。右に源 明山、左に嵩山が見えます。

 急な山道を下ります。手すりが壊れています。道もでこぼこに 荒れています。自然災害の影響でしょうね。周防龍岩寺の文殊堂 にお参りして参道を下りました。

 前回と違ってふもとの町に下ります。長い県道106号歩きで す。民家が見えて田園地帯になると木がないから暑い中を下りま す。飯の山や琴石山が見えています。1回近道しました。

 橋の下の陰で少し休みます。舗装路で足が疲れています。靴を 脱いで指先をもみました。靴が消耗しているから買い替えなくて は、、、このあと国道まで下ります。

 交差点に文珠山入口と書いてありました。コンビニがあるから 寄ります。もうひとつの目的の飯の山に続けてチャレンジします。
Copyright © 2012 広島山口近辺の花を見て歩く登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作



















































myHP チョウチョの写真
出会い系入門