【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ ⇒ ダンケルD
 【広告】 自作したホームページ。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内


  千代田の自然や古墳探索 







 −北広島町記録− .
千代田の江の川散策 広島山口の登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録


   約7分 千代田工業団地の古墳
 


   約3.5分 夕刻の千代田 たんぼや川など 6月11日
 
 

  千代田の工業団地の案内地図

 ■千代田インター付近の地図
 【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
 【グーグルマップ参照】・・・クリックで拡大

 

  千代田の古墳探索の記録   R4.8.20

 ■千代田の古墳探索。前回見られなかった古墳を見つけました。

   千代田江の川周辺⇒  壬生や川西の散策(R4.4.2)
   壬生城跡と神社 ⇒  桜の季節の壬生城(R3.4.3)
   千代田ふらぶら ⇒  有田合戦跡地や南方(R2. 11.21)
   千代田の城跡  ⇒  有田城跡と今田城跡 (R2.4.25)
   上都倉観音堂  ⇒  都倉山HP (R2.8.8)
   千代田八重地区へ⇒  壬生と八重サイクリング(R4.9.3)


 墳01.千代田の田んぼに米が実ってます。壬生城跡。 o(^▽^)o

 墳02.志路原川の常盤橋を渡ります。   ヽ(゚◇゚ )ノ
常盤橋

 墳03.万利川の万利川橋を渡って工業団地へ。   (・∀・)
万利川橋

 墳04.歳ノ神墳墓群。昔の人がここで暮らしていました。 w(゚o゚)w
歳ノ神墳墓群

 墳05.歳ノ神墳墓群の説明板。   《C!大》
歳ノ神墳墓群

 墳06.千代田工業団地の外側を自転車で右回りします。 ヾ( `▽)ゞ
千代田工業団地

 墳07.桜の木やベンチがある公園。   o(^▽^)o
千代田工業団地

 墳08.道が狭いところ。大型車通行困難と書いてありました。

 墳09.道が広くなって古墳の案内板があります。  γ(▽´ )ツ
中出勝負峠墳墓

 墳10.中出勝負峠墳墓の説明板。  (・∀・)   《C!大》
中出勝負峠墳墓

 墳11.中出勝負峠墳墓の石室などの遺跡は見てわかりませんでした。

 墳12.団地を下ってから志路原川の常盤橋を渡りました。  (・∀・)



 

   千代田の古墳探索の日記   R4.8.20

 昼から雨が降る予報。雲が空を覆っています。11時に自転車 ででかけました。ちょっとした運動と撮影。志路原川を見ながら 常盤橋へ。千代田インターの近くです。6月に見つけられなかっ た歳ノ神古墳を探します。

 万利川の万利川橋を渡ります。万利で「ばり」と読むんですね。 ここから初めて千代田工業団地に上がりました。グーグルマップ に記載されていた古墳は団地の中。セミがないてます。少し降り ましたがすぐにやみました。

 ゆるやかになって自転車に乗ります。緑色の公園かと思って近 づいたら歳ノ神古墳の案内板がありました。発掘調査時の写真も あります。草原に入ってみました。盛り上がっているところが墳 墓だと思いますが、、、

 遺跡を感じるものはなかったです。土に埋めて保存していると 書いてありました。石室や住居跡見たかったけど、またいつか機 会があるかもしれません。川から離れた高い所で生活していたよ うです。

 団地の外周を左廻りで一周します。公園がありました。桜があ ります。ベンチが古くなっていました。草が茂っているからヘビ がでそう。注意して。タカサゴユリが咲いている季節。

 外周路奥の方は細いから大型車通行困難と警告されていました。 自転車は楽々。車が来ないからのんびりと。中国道に近づいたか ら車の音が響いています。そしてまた広くなります。

 案内板がありました。「中出勝負峠墳墓」に到着。草が伸びて いるけど、植樹したり手入れされたのがわかります。ここはササ が生えていました。目視で石室を見つけることはできませんでし た。やはり土の中で保存なのでしょう。

 運輸会社の広い駐車場。前回はその斜面の下側を探していまし た。一周してもとの道に戻りました。団地から下ります。初めて のところでしたが様子がわかりました。春に公園の桜を見に行く のも楽しそう。

 常盤橋を渡って壬生の商店街を走行。道路で熱が反射されてい るのかむわっとします。お好み焼きを買って帰って食べました。 1時間半の活動でした。昼食後に雨がたくさん降りました。


Copyright © 2012 登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作