【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ ⇒ ダンケルD
 【広告】 自作したホームページ。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内

 −山口の登山記録− .
 

 光峨眉山神社と峨嵋山 








以前の峨嵋山記録 広島山口の登山記録 日本百名山 山道歩の登山記録

 
   約9.5分 峨眉山
 

 
   約5分 【車窓】 新岩国駅そばから徳山
 
 

  峨嵋山の周辺地図


 ■峨嵋山の地図
 【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
 【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大       地図サービス

 

   室積の峨嵋山の登山記録  R4.7.18

 ■車で移動して室積海岸鑑賞。その後峨嵋山へ。
    初めての峨眉山神社。セメント道の遊歩道。

   年末の峨嵋山登山  ⇒ 室積海岸と峨嵋山(H27.12.30)
   室積から牛島の山へ ⇒ 牛島のHP
   峨眉山を眺めた千坊山⇒ 千坊山のHP
   大津島の山記録   ⇒ 鬣山と大津山(H23.7.3)
   朝の徳山港散策   ⇒ 晴海埠頭と徳山港(R4.7.18)


 χ01.千歳大橋を渡って室積に車で移動中。    γ(▽´ )ツ

 χ02.【9:53】室積海岸。光駅の方向。  《C!大水無瀬島》

 χ03.室積海岸から峨眉山を眺めています。今回は車で移動。 《C!大》
峨眉山

 χ04.峨眉山通りを車で移動中。学校の奥に向かいます。 (・∀・)

 χ05.【10:10】駐車場に到着。そばの浜辺から海を見ています。

 χ06.忠魂碑があります。峨眉山樹林の案内《C!》  o(^▽^)o

 χ07.【10:13】峨眉山の案内《C!》を見て山道に向かいます。

 χ08.【10:15】修行大師像を拝んで参道の山道に入ります。

 χ09.【10:18】峨眉山神社に到着。   《C!光峨眉山神社説明》
峨眉山神社

 χ10.光峨眉山神社にお参り。  (・A・)  奥で山道に再合流。
光峨眉山神社

 χ11.セミが鳴いてます。セメント道を上へ。  γ(▽´ )ツ

 χ12.石の模様がおもしろい。断層なのだろうか。

 χ13.崖の上の展望場。きれいな海。澄んでいます。 《C!大》

 χ14.アップダウンして分岐。下山時に右に下ります。 (・∀・)

 χ15.祝島を眺めています。  \(^_^)/  《C!左手前に尾島》
祝島

 χ16.牛島。室積から船で行けます。 o(^▽^)o  《C!大》
牛島

 χ17.羽ばたいている鳥に見えました。自然林。 ヾ( `▽)ゞ

 χ18.普賢菩薩様。   (・A・)   《C!象鼻岬の説明》
普賢菩薩様

 χ19.きれいな道。ヤマモモ巨木群落がある山道。  γ(▽´ )ツ
ヤマモモ巨木

 χ20.【10:51】峨眉山山頂。117m。  \(^▽^)/ 展望なし。
峨眉山山頂

 χ21.下山時に山道そばに展望があるのを見つけました。

 χ22.まだ山の上の方なのに猫がいました。   (=^・^=)

 χ23.【11:09】学校グランドそばに下りました。前回下山と同じ。

 χ24.【11:13】登山口に戻りました。車が2台増えています。

 χ25.駐車場にネコが2匹いました。   (=^・^=) 移動開始。



 

   室積の峨嵋山の登山日記  R4.7.18

 車で移動して徳山に来ていました。久しぶりに徳山で宿泊。朝 早くから活動したいです。天気がどんより。予報だと午後から雨 なのですが、、、海が見たいです。

 7時半過ぎに車で移動開始。朝食をしたり粭島を見たりしまし た。雨が降ります。ずっと雨なのか心配。でも回復してきました。 しばらく降らないでしょう。

 光駅前を通って島田川の千歳大橋を渡ります。歩いたことがあ る道。市役所前を通って室積へ。まずは室積海岸を見ました。防 風林の松林がある浜辺。

 キャンプしている人が少なかったのかまだ海水浴している人は 1家族。これから昼に向けて集まってくるのでしょう。波音が聞 こえます。近くに大水無瀬島が見えています。ほんとは海に入り たいけど移動再開。

 ゆっくりと細い道を進んで峨眉山通りに合流。懐かしいような 民家が並んでいます。お寺を過ぎて附属の学校横。記憶にある歩 いた道です。さらに奥へ。終点に忠魂碑と駐車場がありました。

 すぐ下に浜辺。小さな砂浜で小舟があります。暑くなると気持 ちよさそう。10時13分、忠魂碑横の道を上がりました。赤い 参道の橋があります。修行大師を拝んで山道に入りました。

 高くない山だから汗をかかないようにと思っています。セミの 声を聞きながらゆっくりと。。。やはり初めての道。海岸に下る 道も行ってみたいけど上へ。すぐに説明板があって鳥居をくぐり ました。

 厳かな参道。光峨眉山神社にお参りしました。展望はよくない。 社の裏でまた山道に合流して上へ。よい道が続きます。セメント されているのがすごい。落ちないようにクサリが何か所かありま すが、歴史を感じるのにしっかりしていました。

 山道横にある岩の模様もおもしろい。何重にも割れているよう に見える石。なんでこんな岩があるのか不思議。保護されている 自然林。海岸そばの小山と感じます。たまにフナムシがいました。

 展望場がないかな? 少し開けた崖の上。眼下にきれいな海が 見えました。このあたりはクサフグの産卵地だそうです。海の向 こうに祝島や牛島が見えます。今日は遠くがかすんでいて九州の 山がはっきり見えませんでした。

 下山時に下る分岐を過ぎてまた上へ。普賢菩薩のところに象鼻 岬の説明がありました。木が伸びたのでしょう。しばらく樹間か ら海が見えるところ続きました。ヤマモモ巨木群落の説明があり ます。太い木がいっぱい。実が気になりました。

 10時51分。峨眉山山頂。標高117mで高くないです。 まわりは木で展望なし。2回目の登頂で景色を思い出しました。 下ります。同じ道を滑らないように。木陰で助かりました。

 何かいるなと思ったら猫がいました。かわいいです。慣れてい る感じで逃げません。分岐で学校そばに下りました。アップダウ ンを避けています。車道から忠魂碑前に戻りました。11時13 分なので1時間の活動です。

 駐車場に猫がいました。耳カットしてあるから地域猫のようで す。近づいてきましたが何もないから離れていきます。地域で大 切にしているようでした。車が2台増えているからお参りか海岸 でしょう。このあと車で長島に向かいました。


Copyright © 2012 広島山口近辺登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作



















































myHP チョウチョの写真